ローンチ

ローンチを使用すると、今後のリリース用にコンテンツを効率的に開発できます。

ローンチを作成すると、(現在のページを維持しながら)今後のパブリケーションに合わせて変更を加えることができます。ローンチページを編集して更新した後、それらを昇格させてソースに戻し、ソースページ(トップレベル)をアクティベートできます。昇格により、ローンチコンテンツを複製してソースページに戻します。これは、手動または自動でおこなうことができます(ローンチを作成および編集するときに設定されるフィールドに依存します)。

メモ

起動の原因となる理論は、標準のオーサリングドキュメントの起動回数で詳しく説明されています。

クラシックUIで起動を使用する場合に特有の情報は、起動の作成起動の編集起動のプロモーションと共に、次のドキュメントに記載されています。

注意

クラシック UI では、1 つのローンチに対して複数のソースブランチを持つことはできません。

起動コンソールにはhttp://localhost:4502/libs/launches/content/admin.htmlから直接アクセスできます。

このページ