クラシック UI でのオーサリング

クラシック UI とタッチ操作対応 UI

クラシック UI は、CQ5(AEMの旧バージョン ) 以降で使用可能な、デスクトップ指向のユーザーインターフェイスです。 次のオーサリングに関するドキュメントでは、この UI に焦点を当てています。

タッチ対応 UI は、タッチデバイスとデスクトップデバイスの両方で使用するためにデザインされた、AEM 用の新しい標準ユーザーインターフェイスです。詳しくは、 標準オーサリングドキュメント を参照してください。

メモ

タッチベースの UI が AEM の標準 UI です。そのため、クラシック UI はもうメンテナンスがおこなわれていません。つまり、クラシック UI には利用できない特定の機能があります。

オーサリング(および公開)の概念

UI の選択とは関係なく、オーサリングに共通する特定の概念とアイデアがあります。これについては、標準オーサリングのドキュメントのここに詳述されています。

このページ