UI の選択

タッチ操作対応UIはクラシックUIより優先されるので、クラシックUIを引き続き使用するには、AEMインスタンスのユーザーまたは管理者がアクティブに決定する必要があります。 クラシックUIはメンテナンスされなくなったので、オーサリングユーザーは、タッチ操作対応UIでクラシックUIから同等のUIに切り替えるだけでは済みません。

オーサリングユーザーが使用しやすいように、タッチ対応 UI は必要に応じてクラシック UI に切り替えることができます。詳しくは、標準オーサリングのドキュメントの UI の選択を参照してください。

メモ

以前のバージョンからアップグレードされたインスタンスでは、ページオーサリング用にクラシック UI が保持されます。

アップグレード後、ページオーサリングが自動的にタッチ操作対応UIに切り替わることはありませんが、 WCMオーサリングUIモードサービスAuthoringUIModeサービス)のOSGi設定を使用して設定できます。 エディターの UI 上書きを参照してください。

ユーザーのインスタンス用のデフォルト UI の設定

システム管理者は、ルートマッピングを使用して、起動時およびログイン時に表示される UI を設定できます。

この設定はユーザーデフォルトまたはセッション設定によって上書きできます。

このページ