Dynamic Media の操作

最終更新日: 2023-05-04
  • トピック:
  • Authoring
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • User
注意

AEM 6.4 の拡張サポートは終了し、このドキュメントは更新されなくなりました。 詳細は、 技術サポート期間. サポートされているバージョンを見つける ここ.

Dynamic Media は、マーチャンダイジングおよびマーケティング用のリッチなビジュアルアセットをオンデマンドで配信するもので、これらのアセットは、Web、モバイルおよびソーシャルサイトでの利用に合わせて自動的に拡大縮小されます。Dynamic Mediaでは、一連のマスターアセットを使用して、グローバルで拡張性に優れ、パフォーマンスが最適化されたネットワークを通じて、リッチコンテンツの複数のバリエーションをリアルタイムで生成し、配信します。

Dynamic Media は、ズーム、360 度スピン、ビデオなど、インタラクティブな表示エクスペリエンスを提供します。Dynamic Media はAdobe Experience Managerのデジタルアセット管理 (Assets) ソリューションのワークフローを独自に組み込むことで、デジタルキャンペーン管理プロセスを簡素化し、合理化します。

Dynamic Media の操作は、クラシック UI では使用できません。タッチ操作対応 UI について説明している Dynamic Media の操作を参照してください。

メモ

Dynamic Mediaを使用している場合、次の場合に自動アップロードを同時に使用することはできません。 Dynamic Media ClassicとAEMの統合. 詳しくは、 Dynamic Mediaの有効化. Dynamic Media はデフォルトでは無効になっています。

このページ