基礎モード

同じ構造を共有しながらコンテンツは異なるページを大量に作成する必要がある場合があります。標準的な AEM インターフェイスを使用する場合は、各ページを作成し、ページに適切なコンポーネントをドラッグして、それぞれのコンポーネントに内容を入力する必要があります。

基礎モードを使用すると、ページに必要な構造を反映したフィールドを使用してフォーム(基礎)を作成し、このフォームを使用して必要な構造に基づいたページを簡単に作成できます。

メモ

基礎モードモードを使用できますが、基礎のメンテナンスと作成、および基礎からの新しいページの作成は、クラシックUIで行います。 詳しくは、クラシック UI オーサリングドキュメントの「基礎モード」を参照してください。

このページ