リッチテキストエディターを使用したコンテンツのオーサリング

リッチテキストエディター(RTE)は、AEMページでテキストをオーサリングするための基本的な構成要素です。 テキスト、テキストと画像、表などの多くのコンポーネントは、RTEに基づいています。

メモ

ネストされたリストを RTE にコピーしても、期待どおりに機能しません。ネストされたリストを Microsoft Word からコピーする場合、RTE. にテキストを貼り付けた後でリストを手動でクリーンアップする必要があります。

インプレース編集

1回タップまたはクリックしてテキストベースのコンポーネントを選択すると、コンポーネントツールバーが表示されます。

screen_shot_2018-03-21at163054

もう一度タップまたはクリックするか、最初にコンポーネントをゆっくりダブルタップまたはクリックして選択すると、独自のツールバーを持つインプレース編集が開きます。 ここで、コンテンツの編集や、基本的な書式変更ができます。

screen_shot_2018-03-21at163214

このツールバーには、次のオプションがあります。

  • 形式:太字、斜体および下線の書式を設定します。

  • リスト:箇条書きリストまたは番号付きリストを作成するか、インデントを設定します。

  • ハイパーリンク

  • リンク解除

  • フルスクリーン

  • 閉じる

  • 保存

全画面編集

テキストベースのコンポーネントの場合、ツールバーからフルスクリーンモードを選択すると、リッチテキストエディターが開き、残りのページコンテンツが非表示になります。

全画面表示モードには、管理者が設定したリッチテキストエディターのすべてのオプションが表示されます。 これらは、管理者またはAEM開発者が提供する設定🔗に応じて、AEMインスタンス間で異なる場合があります。 オプションが見つからない場合は、管理者に問い合わせて使用可能にしてください。

screen_shot_2018-03-21at163248

その他のリッチテキストエディターオプションを次に示します。

  • アンカー:テキストにアンカーを作成し、後でそのアンカーへのリンクや参照を設定できます。
  • テキストを左揃え
  • テキストを中央揃え
  • テキストを右揃え

全画面表示モードを閉じるには、最小化アイコンをクリックします。

screen_shot_2018-03-21at163323

このページ