Assets のユーザーエクスペリエンスの強化

AEM 6.4 Assetsには、シームレスなユーザーエクスペリエンスを提供し、生産性を向上させるいくつかの操作性の改善が含まれています。 市場開拓コンテンツの作成および管理速度の向上は、ビジネスのコンテンツ速度を改善します。

インターフェイスが応答性に優れ、大きなアセットポートフォリオを効率的に管理できます。 項目リストが長い場合でも、迅速に検索、表示、並べ替えおよびスムーズなスクロールをおこなうことができます。

カード、リスト、列などの様々な表示をパーソナライズできます。例えば、カード表示に表示するサムネールのサイズを設定できます。 リスト表示では、リスト内のアセットに対して表示する詳細レベルを設定できます。AEM 6.4 Assets には新しいツリー表示が含まれています。これを使用すると、簡単にアセットリポジトリ内を移動してアセットを見つけることができます。

遅延読み込み

AEM 6.4 Assets でアセットを参照または検索すると、一度に最大 200 個のアセットが表示されます。結果はより高速にスクロールでき、長いリストの結果を閲覧する場合に特に便利です。 大量のアセットが一度に読み込まれるので、スムーズに参照することができます。

アセットをタップまたはクリックして詳細ページをレビューした場合に、結果ページに戻るには、ツールバーの「戻る」ボタンをタップまたはクリックします。

カード表示の改善

使用するデバイスおよび必要な詳細の内容に応じて、カード表示のアセットのサムネールのサイズを変更できます。これにより、表示をパーソナライズして、表示されるサムネールの数を制御できます。

カード表示のサムネールのサイズを変更するには、次の手順を実行します。

  1. ツールバーのレイアウトアイコンをタップまたはクリックし、「表示設定」オプションを選択します。

    表示設定

  2. 表示設定​ダイアログで、目的のサムネールサイズを選択し、「更新」をタップまたはクリックします。

    表示設定ダイアログ

  3. 選択したサイズで表示されるサムネールをレビューします。

    thumbnails_changed

カード表示のタイルには、公開ステータスなどの追加情報が表示されています。

publish_status

リスト表示の改善点

リスト表示の最初の列には、デフォルトでアセットのファイル名が表示されます。公開ステータスや処理ステータス、ロケールなどの追加情報も表示されます。

リスト_表示

表示する詳細の内容を設定できます。「レイアウト」アイコンをタップまたはクリックして「設定を表示」オプションを選択し、設定を表示​ダイアログで表示する列を指定します。

表示_設定_ダイアログリストビュー

列表示の改善点

カード表示とリスト表示に加えて、列表示からアセットの詳細ページに移動できるようになりました。列表示のアセットを選択して、アセットのスナップショットの下の「詳細情報」をタップまたはクリックします。

more_details

ツリー表示

AEM 6.4 Assets にはツリー表示があります。これを使用すると、簡単にアセット階層を参照して、目的のアセットやフォルダーに移動できます。

ツリー表示を開くには、Assets UIのGlobalNavアイコンをタップまたはクリックし、メニューから「コンテンツツリー」を選択します。

content_tree

コンテンツ階層から目的のアセットに移動します。

navigate_contenttree

アセットの詳細ページのツールバーに「前へ」ボタンと「次へ」ボタンが追加され、フォルダー内のすべての画像を連続して表示できるようになりました。

使用しているデバイスによって異なりますが、スワイプするか、キーボードの矢印キーを使用しても、画像間を移動できます。

選択したレイアウトによって異なりますが、次の方法でアセットの詳細ページを開くことができます。

表示 アセットの詳細ページを開く方法
カード表示 アセットタイルをタップまたはクリックします。
リスト表示 リスト内のアセットの行エントリをタップまたはクリックします。
列表示 アセットのスナップショットから「詳細」ボタンをタップまたはクリックします。

「前へ」ボタンと「次へ」ボタンを使用して、アセット間を移動します。

prev_next_buttons

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now