Adobe Dimension資産の操作

重要

AEM 6.4のAEM 3D機能パックは、サポートされなくなりました。 Adobeでは、AEMの3Dアセット機能をCloud ServiceまたはAEM 6.5.3以降として使用することをお勧めします。 adobe dimensionアセットを使用する場合

AEM 3D機能パックは、AEM Assets、AEM Sites、AEM ScreensのAdobe Dimensionアセット(.dnファイル)をサポートしています。

glTFオープン規格に基づく新しい3Dビューアは、Adobe Dimensionアセットのプレビューおよびサイトと画面の表示機能を提供します。

クラウドベースのコンバージョンサービスについて

DimensionアセットがAEMにアップロードされると、ファイルのコピーが、AmazonAWSでホストされるAdobe管理のクラウドベースのサービスに転送されます。 このサービスは、Adobe固有のDimensionファイル形式からオープン標準のglTF形式に変換します。 変換された3Dモデルは、バイナリglTF(.glb)としてパッケージ化されます。 AEMは、変換されたモデルをプライマリDimensionアセットと共にレンディションとして保存します。

.glb変換形式は、次の2つの方法のいずれかを使用して設定できます(手順については、AEM 3Dのインストールと設定を参照)。

  • AEM Assets、AEM Sites、AEM Screensの表示Dimensionアセットに対してAdobeglTFビューアを使用する場合、視覚的な画質を最大限に高めるために、Adobe固有の拡張機能を含めます。 これにより、.glbレンディションは、ほとんどのサードパーティアプリケーションと互換性がなくなります。
  • Adobe固有の拡張子を除外して、.glbレンディションとサードパーティのアプリケーションとの互換性を維持します。 これにより、AEM Assets、AEM Sites、AEM Screensでの表示時の画質が制限され(例えば、IBL照明がない場合)、一般的なサードパーティアプリケーションの画質をシミュレートできます。

Dimension/glTFファイルのAmazonAWSとの間またはAWSとの間での転送、およびAWSでのそれらの一時的なストレージは完全に保護されます。 これらのファイルは、AmazonAWSでは最小限の時間で保持されます。通常、通常の操作中は数分以内です。

Dimensionアセットのサポートを有効にするには、Adobeから変換サービスにアクセスするための資格情報を取得する必要があります。 AEM 3D のインストールと設定を参照してください。

メモ

提供された資格情報をインストールして使用する場合、お客様は、AmazonAWSでホストされるAdobe管理のクラウドベースの変換サービスに、お客様のAdobe Dimension3Dアセットが転送され、処理されることを理解し、同意します。

AEM Assetsでの表示

AEM 3D機能パックには、Adobe Dimensionアセットの表示に使用するglTFオープン規格に基づく新しいビューアが含まれています。 このビューアは、Dimensionファイルまたは圧縮されたglTFをAEM Assetsの詳細表示に開くか、AEM Sitesの3Dコンポーネントで開くときに自動的に選択されます。

glTFビューアのユーザインターフェイスは、他のすべての3Dアセットタイプで使用される標準の3Dビューアとは少し異なることに注意してください。

次も参照してください。

このページ