ファイルの依存関係の解決

テクスチャマップファイルなど、プライマリ 3D モデルファイルの依存関係は、可能な場合には自動的に解決されます。この機能は、アセットフォルダー付近で、3D ファイル内にあるものと同じ名前を持つファイルを AEM が検索すると実行されます。プレビューの作成処理段階で1つ以上の依存関係を解決できない場合、アセットのカードの​カードの表示​に次の赤いバナーメッセージが表示されます。

chlimage_1-124

ファイルの依存関係を解決するには:

  1. カード表示​で、カードの​未解決の依存関係​バナーメッセージの上にポインターを置き、感嘆符​アイコンをタップします。

    chlimage_1-125

  2. メタデータプロパティ​ページで、依存関係​タブをタップします。

    AEMが自動解決できなかったファイルは、元のパス​列の下に赤で表示されます。

  3. 次の操作を 1 つ以上おこないます。

    • 依存関係を参照して選択する(この選択肢は、依存性ファイルを既にアップロード済みであることを前提としています)。

      1. 赤いパスの左にある​ファイルの参照​アイコンをタップします。
      2. コンテンツを選択​ページで、見つからないファイルに移動し、そのファイルのカードをタップして選択します。
      3. コンテンツを選択​ページの左上隅にある「閉じる」(Xアイコン)をタップして、表示のプロパティ​ページに戻ります。
    • 依存関係をアップロードする(この選択肢は、見つからなかったファイルをまだアップロードしていないことを前提としています)。

      1. 見つからなかったパスとファイル名を書き留めます。
      2. プロパティページの右上隅にある「閉じる」をタップします。

    ファイルがアップロードされたら、表示のプロパティ/依存関係​ページに戻ります。 新たにアップロードされたアセットが、参照されているファイルとして正しく一覧表示されるようになります。

    • 依存関係を無視する

      存在しない依存関係が不要になった場合は、参照アセット​列の下の、見つからないファイルの左にあるテキストフィールドに「n/a」と入力し、AEM 3Dがファイルを無視するようにします。

  4. 表示のプロパティ​ページの右上隅近くにある「保存」をタップします。

  5. 閉じる」をタップして​カード表示​に戻ります。

    アセットは、新しく解決された依存関係で自動的に再処理されます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free