ビデオレンディション

Adobe Experience Manager (AEM) Assets では、様々な形式(OGG、FLV など)のビデオアセット用のビデオレンディションを生成します。

AEM Assets では、メディアアセットの静的レンディションと動的レンディション(DM エンコードされたレンディション)がサポートされています。

静的レンディションは、FFMPEG(システムパスにインストールされ、使用できるもの)を使用してネイティブに生成され、コンテンツリポジトリに保存されます。

DM エンコードされたレンディションは、プロキシサーバーに保存され、実行時に提供されます。

AEM Assets では、クライアント側でのこのようなレンディションの再生をサポートしています。

特定のビデオアセットのレンディションを表示するには、アセットのページを開いて、グローバルナビゲーションアイコンをタップします。次に、リストから「レンディション」を選択します。

chlimage_1-478

ビデオレンディションのリストが​レンディション​パネルに表示されます。

chlimage_1-479

DM エンコードされたレンディションのプロキシサーバーを設定するには、Dynamic Media クラウドサービスを設定します。

必要なパラメーターを指定してビデオレンディションを生成するには、対応するビデオプロファイルを作成します。

プロキシサーバーを設定し、ビデオプロファイルを作成したら、このビデオプリセットを処理プロファイルに追加して、その処理プロファイルをフォルダーに適用することができます。

メモ

Internet Explorer 11 では、OGG および WAV ファイルのオーディオは再生できません。拡張子 OGG または WAV を持つアセットの場合、アセットの詳細ページに「無効なソース」というエラーメッセージが表示されます。

MS Edge および iPad では、OGG ファイルは再生できません。サポートされていない形式であるというエラーが表示されます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now