ビデオレンディション

Adobe Experience Manager (AEM) Assets では、様々な形式(OGG、FLV など)のビデオアセット用のビデオレンディションを生成します。

AEM Assets では、メディアアセットの静的レンディションと動的レンディション(DM エンコードされたレンディション)がサポートされています。

静的レンディションは、FFMPEG(システムパスにインストールされ、使用できるもの)を使用してネイティブに生成され、コンテンツリポジトリに保存されます。

DM エンコードされたレンディションは、プロキシサーバーに保存され、実行時に提供されます。

AEM Assets では、クライアント側でのこのようなレンディションの再生をサポートしています。

特定のビデオアセットのレンディションを表示するには、アセットのページを開いて、グローバルナビゲーションアイコンをタップします。次に、リストから「レンディション」を選択します。

chlimage_1-478

ビデオレンディションのリストが​レンディション​パネルに表示されます。

chlimage_1-479

DM エンコードされたレンディションのプロキシサーバーを設定するには、Dynamic Media クラウドサービスを設定します。

必要なパラメーターを指定してビデオレンディションを生成するには、対応するビデオプロファイルを作成します。

プロキシサーバーを設定し、ビデオプロファイルを作成したら、このビデオプリセットを処理プロファイルに追加して、その処理プロファイルをフォルダーに適用することができます。

メモ

Internet Explorer 11 では、OGG および WAV ファイルのオーディオは再生できません。拡張子 OGG または WAV を持つアセットの場合、アセットの詳細ページに「無効なソース」というエラーメッセージが表示されます。

MS Edge および iPad では、OGG ファイルは再生できません。サポートされていない形式であるというエラーが表示されます。

このページ