プライベートフォルダーの共有

Adobe Experience Manager (AEM) Assets のユーザーインターフェイスに、自分だけが使用できるプライベートフォルダーを作成できます。このプライベートフォルダーを他のユーザーと共有して、他のユーザーに様々な特権を割り当てることもできます。ユーザーはフォルダーに対して、割り当てられた特権のレベルに応じた様々なタスク(フォルダー内のアセットの表示、アセットの編集など)を実行できます。

  1. アセットコンソールのツールバーの「作成」をタップまたはクリックし、メニューの「フォルダー」を選択します。

    chlimage_1-411

  2. フォルダーを追加​ダイアログで、フォルダーのタイトルと名前(オプション)を入力して、「プライベート」を選択します。

    chlimage_1-412

  3. 作成」をタップまたはクリックします。UI 内にプライベートフォルダーが作成されます。

    chlimage_1-413

  4. フォルダーを他のユーザーと共有し、特権を割り当てるには、フォルダーを選択し、ツールバーの「プロパティ」アイコンをクリックまたはタップします。

    chlimage_1-414

    メモ

    フォルダーを共有するまで、他のユーザーにはフォルダーが表示されません。

  5. フォルダーのプロパティページで、「ユーザーを追加」リストからユーザーを選択し、プライベートフォルダーでの役割をそのユーザーに割り当てて、「追加」をクリックします。

    chlimage_1-415

    メモ

    フォルダーを共有するユーザーに、各種役割(編集者、所有者、閲覧者など)を割り当てることができます。ユーザーに所有者の役割を割り当てると、ユーザーにフォルダーにエディター特権が付与されます。さらに、フォルダーを他のユーザーと共有できるようになります。編集者の役割を割り当てると、ユーザーがプライベートフォルダーのアセットを編集できるようになります。閲覧者の役割を割り当てると、ユーザーがプライベートフォルダーのアセットを表示できるようになります。

  6. 保存」をクリックします。割り当てた役割に応じて、ユーザーが AEM Assets にログインしたときに、プライベートフォルダーに対する一連の特権が割り当てられます。

  7. OK」をクリックして、確認メッセージを閉じます。

  8. フォルダーを共有するユーザーに対して、共有に関する通知が送信されます。通知を確認するには、そのユーザーの資格情報で AEM Assets にログインします。

    chlimage_1-416

  9. 通知アイコンをタップまたはクリックすると、通知のリストが開きます。

    chlimage_1-417

  10. 管理者によって共有されたプライベートフォルダーのエントリをクリックまたはタップして、フォルダーを開きます。

メモ

プライベートフォルダーを作成するには、プライベートフォルダーを作成する親フォルダーに対する ACL の読み取りおよび編集権限が必要です。管理者でない場合、これらの権限は /content/dam でデフォルトでは有効になっていません。この場合、プライベートフォルダーを作成またはフォルダー設定を表示する前に、ユーザー ID またはグループ用にそれらの権限を取得します。

このページ