重複項目の検出の有効化

Adobe Experience Manager(AEM)Assets に存在するアセットをアップロードしようとすると、重複項目検出機能によって重複として識別されます。重複項目の検出はデフォルトで無効になっています。この機能を有効にするには、次の手順を実行します。

  1. https://[server]:[port]/system/console/configMgrの​Adobe Experience ManagerWebコンソール設定​ページを開きます。

  2. サーブレット​Day CQ DAM Create Asset​の設定を編集します。

  3. 重複を検出」オプションを選択し、「保存」をクリックまたはタップします。

    サーブレットで「重複項目の検出」オプションを選択

これで、重複項目検出機能が AEM Assets で有効になります。AEM に存在するアセットをアップロードしようとすると、システムが競合をチェックして表示します。アセットは、jcr:content/metadata/dam:sha1に保存されているSHA-1ハッシュを使用して識別されます。つまり、ファイル名に関係なく、重複アセットが検出されます。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now