重複項目の検出の有効化

Adobe Experience Manager Assetsに存在するアセットをアップロードしようとすると、重複の検出機能によって重複と見なされます。 重複項目の検出はデフォルトで無効になっています。この機能を有効にするには、次の手順を実行します。

  1. Adobe Experience Manager Webコンソール設定​ページ(https://[server]:[port]/system/console/configMgr)を開きます。

  2. サーブレット​Day CQ DAM Create Asset​の設定を編集します。

  3. 重複を検出」オプションを選択し、「保存」をクリックまたはタップします。

    サーブレットで「重複項目の検出」オプションを選択

重複項目の検出機能がExperience Manager Assetsで有効になりました。 AEM に存在するアセットをアップロードしようとすると、システムが競合をチェックして表示します。アセットは、jcr:content/metadata/dam:sha1に保存されているSHA-1ハッシュを使用して識別されます。つまり、重複するアセットは、ファイル名に関係なく検出されます。

このページ