インストール Workfront for Experience Manager enhanced connector

で管理者アクセス権を持つユーザー Adobe Experience Manager 拡張コネクタをインストールします。 インストールする前に、プラットフォームのサポートとその他を確認してください コネクタの前提条件.

重要

Adobeには、 Adobe Workfront for Experience Manager enhanced connector 認定パートナーまたは Adobe Professional Services. 認定パートナーなしでデプロイおよび設定した場合、または Adobe Professional Servicesの場合、Adobeではサポートされません。

Adobeが次の更新をリリースする可能性がある: Adobe Workfront および Adobe Experience Manager このコネクタを冗長にするこの場合、お客様はこのコネクタの使用から移行する必要が生じる場合があります。

コネクタをインストールするには、次の手順に従います。

  1. コネクタのダウンロード元 Software Distribution リンク.

  2. ファイアウォールの設定.

  3. Dispatcher で、という名前の HTTP ヘッダーを許可します。 authorization, username、および apikey. 許可 GET, POST、および PUT リクエスト: /bin/workfront-tools.

  4. 次のパスがに存在しないことを確認してください。 Experience Manager リポジトリ:

    • /apps/dam/gui/coral/components/admin/schemaforms/formbuilder
    • /apps/dam/gui/coral/components/admin/folderschemaforms/formbuilder
    • /apps/dam/gui/content/foldermetadataschemaeditor
    • /apps/dam/cfm/models/editor/components/datatypeproperties
    • /apps/settings/dam/cfm/models/formbuilderconfig
  5. 次を使用してパッケージをインストール パッケージマネージャー. パッケージのインストール方法については、 パッケージマネージャーのドキュメント.

  6. 作成 wf-workfront-users in Experience Manager ユーザーグループと権限の割り当て jcr:all から /content/dam.

システムユーザー workfront-tools が自動的に作成され、必要な権限が自動的に管理されます。 からのすべてのユーザー Workfront コネクタを使用するユーザーは、このグループの一部として自動的に追加されます。

次の間の接続を設定 Experience Manager および Workfront

Workfrontとの接続を作成するには、次の手順に従います。

  1. In Experience Managerを選択します。 ツール > Cloud Services > Workfront Tools Configuration.

  2. 選択 workfront-tools を選択し、 作成 」オプションを使用して、ページの右上に表示されます。

  3. Workfront Connection ダイアログで、 Workfront 配置、選択 Workfrontに接続 オプション。 正常に接続されると、 Workfront ドキュメントのカスタム統合が Workfront 環境。

    接続 Experience Manager および Workfront

  4. 接続を確認するには、でアクセスします。 Workfront API キーが同じで、接続が 有効. それには、「 設定 > ドキュメント > カスタム統合 in Workfront.

このページ