Workfront for Experience Manager enhanced connector の設定

Adobe Experience Manager で管理者アクセス権を持つユーザーは拡張コネクタをインストール後に設定します。 インストール手順については、コネクタのインストールを参照してください。

重要
  • Adobeは、認定パートナーまたは Adobe Professional Services を介してのみ Adobe Workfront for Experience Manager enhanced connector のデプロイメントと構成を必要とします。認定パートナーなしでデプロイおよび設定した場合、または Adobe Professional Servicesの場合、Adobe ではサポートされません。

  • アドビは、このコネクターを冗長にするAdobe Workfrontおよび Adobe Experience Manager の更新をリリースする可能性があります。この場合、お客様はこのコネクターの使用から移行する必要が生じることがあります。

  • Adobeは、拡張コネクタバージョン 1.7.4 以降をサポートしています。 以前のプレリリースおよびカスタムバージョンはサポートされていません。 拡張コネクタのバージョンを確認するには、 digital.hoodoo の左側のペインで使用可能なグループ パッケージマネージャー.

  • 詳しくは、Workfront for Experience Manager Assets 拡張コネクタに関するパートナー認定試験を参照してください。試験について詳しくは、 試験ガイド.

イベント購読の設定

イベント購読は、Adobe Workfront で発生するイベントを AEM に通知するために使用されます。動作するのにイベント購読が必要な Workfront for Experience Manager enhanced connector 機能は 3 つあります。

  • プロジェクトにリンクされたフォルダーの自動作成。
  • Workfront ドキュメントのカスタムフォーム値の変更を AEM アセットメタデータに同期します。
  • プロジェクトの完了時に Brand Portal にアセットを自動的に公開します。

これらの機能を使用するには、イベント購読を有効にします。

  • 手順 5 で作成した Workfront ツールクラウドサービスの設定を編集し、「イベント購読」タブを選択します。

  • セクション 6 で作成した Workfront カスタム統合を選択します。

  • 「Workfront イベント購読の有効化」をクリック します。

    イベント購読

リンクされたフォルダーの設定

イベントを購読するには、次の手順に従います。

  1. クラウドサービスで「イベント購読 」タブに移動します。
  2. Workfront で作成したカスタム統合を選択します。
  3. Workfront イベント購読の有効化」をクリック します。

リンクされたフォルダー構造の設定

  1. クラウドサービスの「プロジェクトにリンクされたフォルダー」タブに移動します。
  2. リンクされたフォルダーの親パス:DAM 内で、リンクされたフォルダーを作成するフォルダーを選択します。 空のままにすると、デフォルトで /content/dam に設定されます。Workfront ツールのメタデータスキーマと Workfront リンクフォルダーのメタデータスキーマが、選択したフォルダーに適用されていることを確認します。
  3. リンクされたフォルダー構造:コンマ区切り値を入力します。各値は DE:<some-project-custom-form-field>、Portfolio、プログラム、年、名前または「リテラル文字列値」(最後の 1 つには引用符がいります)のいずれかです。現在は、Portfolio、プログラム、年、DE:プロジェクトの種類、名前に設定されています。
  4. Workfront のフォルダーのタイトルに構造内のすべてのフォルダーを含める必要がある場合は、「フォルダー構造名を使用して Workfront でリンクされたフォルダーのタイトルを作成」チェックボックスをオンにする必要があります。 それ以外の場合は、最後のフォルダーのタイトルになります。
  5. サブフォルダーのマルチフィールドでは、リンクされたフォルダーの子フォルダーとして作成するフォルダーのリストを指定できます。
  6. プロジェクトのステータス:リンクされたフォルダーを作成するためにプロジェクトを設定する必要があるステータスを選択します。
  7. ポートフォリオを使用してプロジェクトにリンクフォルダーを作成:リンクされたフォルダーを作成するためにプロジェクトが属する必要のあるポートフォリオのリスト。この一覧を空のままにして、すべてのプロジェクトポートフォリオのリンクフォルダーを作成します。
  8. カスタムフォームフィールドを使用してプロジェクトにリンクフォルダーを作成:カスタムフォームフィールドとそれに対応する値(リンクされたフォルダーを作成するためにプロジェクトに必要な値)。この設定は、空のままにした場合は無視されます。フィールドに CUSTOM FORMS: Create DAM Linked Folder を選択して、値に Yes を入力します。
  9. 「リンクされたフォルダーの自動作成を有効にする」をクリックします。「イベントの購読」タブに戻ると、作成イベントが 1 つ表示されます。

リンクされたフォルダー設定

メタデータスキーマのマッピング

フォルダーメタデータマッピングの設定

Workfront プロジェクトと AEM フォルダー間のメタデータマッピングは、AEM フォルダーメタデータスキーマ内で定義されます。フォルダーメタデータスキーマは、AEM で通常どおりに作成および設定する必要があります。Workfront ツールにより、各フォルダーメタデータスキーマフォームフィールドの「設定」指定タブにオートコンプリートドロップダウンが追加されます。このオートコンプリートドロップダウンメニューを使用すると、各 AEM フォルダープロパティのマッピング先の Workfront フィールドを指定できます。

マッピングを設定するには、次の手順に従います。

  1. ツールAssetsフォルダーメタデータスキーマ​に移動します。

  2. 編集するフォルダーメタデータスキーマフォームを選択し、「編集」をクリックします。

  3. 編集するフォルダーメタデータスキーマフォームフィールドを選択し、右側のパネルの「設定」タブを選択します。

  4. Workfront フィールドからマッピング済みフィールドで、選択した AEM フォルダープロパティにマッピングする Workfront フィールドの名前を選択します。次のオプションを使用できます。

    • プロジェクトのカスタムフォームフィールド
    • 「プロジェクト概要」フィールド (ID、名前、説明、参照番号、計画完了日、プロジェクト所有者、プロジェクトスポンサー、ポートフォリオ、プログラム )

メタデータマッピング設定

アセットメタデータマッピングの設定

Adobe Workfront ドキュメントとアセット間のメタデータマッピングは、AEM メタデータスキーマ内で定義されます。メタデータスキーマは、AEM で通常どおりに作成および設定する必要があります。Workfront ツールは、各メタデータスキーマフォームフィールドの「設定」指定タブに設定オプションを追加します。これらのオプションを使用すると、各 AEM プロパティのマッピング先となる Workfront フィールドを指定できます。

マッピングを設定するには、次の手順に従います。

  1. ツールAssetsメタデータスキーマ​に移動します。

  2. 編集するメタデータスキーマフォームを選択し、「編集」をクリックするか、 新しいメタデータスキーマを最初から作成します。

  3. 編集するメタデータスキーマフォームフィールドを選択し、右側のパネルで「設定 」タブを選択します。

  4. Workfront カスタムフォームフィールドで、選択した AEM プロパティにマッピングする Workfront フィールドの名前を選択します。次のオプションを使用できます。

    • ドキュメントのカスタムフォームフィールド
    • プロジェクトのカスタムフォームフィールド
    • カスタムフォームフィールドの発行
    • タスクのカスタムフォームフィールド
    • プロジェクトの概要フィールド(ID、名前、説明、参照番号)
  5. Workfront カスタムフォームフィールドで選択された Workfront フィールドが Workfront User type-ahead フィールドである場合、マッピングする Workfront ユーザーフィールドを指定する必要があります。これを行うには、「Workfront の参照オブジェクトから値を取得」フィールドをオンにしてから、マッピングする値を取得する Workfront ユーザーカスタムフォームフィールドの名前を指定します。

    メタデータマッピング設定

Map プロパティ

このワークフローステップでは、ユーザーはプロパティをプロジェクト、タスク、イシューまたはドキュメントの Workfront カスタムフォームにマッピングできます。この手順が影響を与える Workfront アーティファクトは、ペイロードからの相対パスを使用して検索されます。マッピングするプロパティは、ステップダイアログ設定内で制御します。

タイプ:このフィールドでは、プロパティのマッピング先の Workfront オブジェクトタイプを選択できます。

ID プロパティ:このフィールドでは、プロパティのマッピング先の Workfront オブジェクト ID へのパスを指定できます。このフィールドで指定するパスは、ワークフローペイロードを基準とした相対パスにする必要があります。

プロパティの割り当て:このマルチフィールドを使用すると、AEM プロパティと Workfront フィールド間のマッピングを指定できます。複数フィールドの各項目は、1 つのマッピングを指定します。各マッピングは、<workfront-field>=<aem-mapped-property> の形式である必要があります。

  • workfront-field は次になることができます。

    • プレフィックス DE: で識別されるカスタムフォームフィールド 。
    • 名前で識別される編集可能なフィールド。フィールド名は Workfront API エクスプローラーにあります。
  • aem-mapped-property は次になることができます。

    • リテラル値。これらは引用符で囲む必要があります。
    • AEM プロパティ。 この参照は、ワークフローペイロードに対する相対参照にする必要があります。
    • 名前付きの値。これらは角括弧で囲む必要があります。
    • 上記の 3 つの項目を連結したもの。{+} を使用して指定します。
    • 値を {replace(<value>,”old-char”,”new-char”)} で囲むことによる上記の 3 つの項目の変更。
  • 次に例を示します。

    • status="INP"
    • DE:Asset Type=jcr:content/metadata/assetType
    • DE:Path={path}
    • URL=”https://my-aem-author/assets.html”{+}{path}

プロパティをマッピングするための設定

ステータスを設定

ワークフローエディターで、「引数」タブの「Workfront - ステータスの設定」のプロパティをクリックします。

ワークフローを編集してステータスを設定

コメントの同期

  1. Experience Manager で、ツールクラウドサービスWorkfront ツール設定​にアクセスして、設定を選択し、「プロパティ 」を選択します。

    コメント同期

  2. イベント購読」タブを選択し、「Workfront で作成されたコメントを AEM に送信」オプションの「コメント同期を有効にする」をクリックします。

    同期を有効にする

Workfront から AEM へのコメントの同期をテストするには、次の手順に従います。

  1. Workfront でリンクされたドキュメントに移動し、「更新」タブでコメントを追加します。

    Workfront にコメントを残す

  2. AEM 内の同じリンク先ドキュメントに移動し、そのドキュメントを選択して、左ナビゲーションの「タイムライン」オプションを開いて、「コメント」を選択します。左側のサイドバーには、Workfront から同期されたコメントが表示されます。

アセットのバージョン

AEM でアセットのバージョン履歴を管理するには、AEM でアセットのバージョン管理を設定します。

  1. Experience Manager で、ツールクラウドサービスWorkfront ツール設定​をクリックし、「詳細」タブを開きます。

  2. 既存のアセットのバージョンと同じ名前のアセットを保存」オプションを選択します。オプションをオンにすると、既存のアセットのバージョンとして同じ名前で同じ場所にアップロードされたアセットを保存できます。オプションをオフにすると、新しいアセットは別の名前(例:asset-name.pdf および asset-name-1.pdf)で作成されます。

  3. 新しいバージョンの作成時にアセットメタデータを更新」オプションを選択します。オプションをオンにすると、アセットの新しいバージョンが作成されるたびに、アセットのメタデータが更新されます。オプションをオフにすると、アセットは新しいバージョンの作成前のメタデータを保持します。

アセットのバージョン管理の設定

メモ

バージョン管理は、リンクされたフォルダーではサポートされていません。リンクされたフォルダー内のドキュメントの Workfront 配達確認を作成すると、以前のバージョンのアセットのコメントと注釈が削除されます。

カスタムフォームを添付

このワークフローステップでは、ユーザーはカスタムフォームを Workfront アーティファクトに添付できます。このワークフローステップは、任意のワークフローモデルに追加できます。この手順の影響を受ける Workfront アーティファクトは、ペイロードからの相対パスを使用して検索されます。

Experience Manager のワークフローエディターで、Workfront - カスタムフォームを添付ワークフローステップのプロパティを編集します。

カスタムフォーム

アセットの自動公開

  1. Experience Manager で、ツールクラウドサービスWorkfront ツール設定 をクリックし、「詳細」タブを開きます。

  2. Workfront から送信されたときにアセットを自動的に公開する」を選択します。このオプションを使用すると、Workfront から AEM にアセットが送信される際に、アセットの自動公開を有効にできます。この機能は、Workfront カスタムフォームフィールドと、そのフィールドを設定する値を指定することで、条件付きで有効にできます。ドキュメントが AEM に送信されるたびに、条件を満たしている場合、アセットは自動的に公開されます。

  3. プロジェクトの完了時に、すべてのプロジェクトアセットを Brand Portal に公開する」を選択します。このオプションを使用すると、属する Workfront プロジェクトのステータスが Complete に変更された場合、Brand Portal にアセットを自動的に公開できます。

自動公開を設定

Workfront ドキュメントのカスタムフォームのアップデート

Workfront ドキュメントカスタムフォームで変更を購入するには、「詳細」タブで関連オプションを選択します。 これらのアップデートを購入すると、Workfront ドキュメントカスタムフォームの対応するフィールドが変更されたときに、マップされた Experience Manager メタデータフィールドがアップデートされます。

Experience Manager での Workfront ドキュメントカスタムフォームのアップデート設定

このページ