Assets とアクティビティストリームの統合

Adobe Experience Manager(AEM)アセットのユーザは、アセットの作成、アップロード、削除など、様々な操作を実行します。 ユーザーが何を実行かについて履歴を提供できるよう、これらのアクションを記録することができます。ここでは、AEM の記録機能と、特定のイベントを記録するための AEM の設定方法について説明します。

パフォーマンスに関する考慮事項とデフォルトの動作

この統合は、一括して読み込むときなどに多くの CPU およびディスク領域を消費する可能性があります。このため、AEM Assetsとアクティビティストリームの統合はデフォルトで無効になっています。

サポートされるアクションイベント

以下のイベントを記録対象として設定できます。

  • ライセンス許可(ACCEPTED)
  • アセットの作成(ASSET_CREATED)
  • アセットの移動(ASSET_MOVED)
  • アセットの削除(ASSET_REMOVED)
  • ライセンス拒否(REJECTED)
  • アセットのダウンロード(DOWNLOADED)
  • アセットのバージョン設定(VERSIONED)
  • アセットのバージョンの復元(RESTORED)
  • アセットのメタデータの更新(METADATA_UPDATED)
  • アセットの外部システムへの公開(PUBLISHED_EXTERNAL)
  • 元のアセットの更新(ORIGINAL_UPDATED)
  • アセットのレンディションの更新(RENDITION_UPDATED)
  • アセットのレンディションの削除(RENDITION_REMOVED)
  • サブアセットの更新(SUBASSET_UPDATED)
  • サブアセットの削除(SUBASSET_REMOVED)

AEM Assets のイベント記録機能の設定

Webコンソールを使用して 、AEM Assetsイベントレコーダーのチューニングを行うことができます。 AEM Assetsイベントレコーダーを設定するには、次の手順に従います。

  1. Web コンソール​に移動します。

  2. 設定」をクリックします。

  3. Day CQ DAM Event Recorder」をダブルクリックします。

  4. このサービスを有効にする」チェックボックスをオンにします。

  5. ユーザーアクティビティストリームで記録する​イベントタイプ​のチェックボックスをチェックします。

  6. 保存」をクリックします。

記録されたイベントの読み取り

記録されたイベントはアクティビティとして保存されます。ActivityManager API を使用して、プログラムで読み取ることができます。

このページ