Web アプリケーションへの URL のリンク

Web サイトやアプリケーションは、URL コールによって Dynamic Media のサービスにアクセスします。アセットの公開後、Dynamic Media によって、そのアセットを参照する URL 文字列がアクティベートされます。これらの URL を Web ブラウザーに貼り付けてテストすることができます。

AEM を WCM として使用​していない​場合に限り、URL へのリンクを使用します。ビデオプレーヤーをポップアップウィンドウまたはモーダルウィンドウとして配信する場合には、(埋め込みではなく)リンク機能を使用します。AEM を WCM として使用している場合は、ページに直接アセットを追加します。

Web ページやアプリケーションにこれらの URL 文字列を配置するには、Dynamic Media からコピーします。

メモ

URL 文字列は、アセットの動的レンディションでのみ使用できます。現時点では、ダイナミックメディアサーバーではなく DAM に存在する静的アセットには URL 文字列を使用できません。静的なレンディションに対しては「URL」ボタンが表示されません。

Web ページへのビデオビューアまたは画像ビューアの埋め込みも参照してください。

Web アプリケーションへの YouTube URL のリンクも参照してください。

レスポンシブサイト用に最適化された画像の配信も参照してください。

アセットのアップロードも参照してください。

アセットの URL の取得

画像プリセットまたはビューアプリセットによって生成された URL 文字列を取得できます。URL をコピーしたらクリップボードに配置されるので、必要に応じて Web サイトのページまたはアプリケーションに貼り付けることができます。

メモ

URL は、選択したアセットを公開するまではコピーできません。また、ビューアプリセットまたは画像プリセットを公開する必要もあります。

アセットの公開を参照してください。

ビューアプリセットの公開を参照してください。

画像プリセットの公開を参照してください。

URL 文字列を取得するには複数の方法があります。以下の手順では、使用できる方法の 1 つを紹介します。

アセットの URL を取得するには:

  1. 画像プリセット URL またはビューアプリセット URL をコピーする​公開済み​のアセットの場所に移動し、そのアセットをタップして開きます。

    URL をコピーするには、その​前に​アセットを​公開​しておく必要があります。また、ビューアプリセットまたは画像プリセットを公開する必要もあります。

    アセットの公開を参照してください。

    ビューアプリセットの公開を参照してください。

    画像プリセットの公開を参照してください。

  2. 選択したアセットに応じて、次のいずれかの操作を行います。

    • 画像を選択した場合は、ドロップダウンメニューで「レンディション」をタップします。

      動的」ヘッダーの下にあるプリセット名をタップすると、右側のフレームにレンディションが表示されます。「動的」ヘッダーを表示するには、場合によってはレンディションリストをスクロールする必要があります。

      左側のレールの下部にある「URL」をタップします。

      chlimage_1-270

    • スピンセット、画像セット、カルーセルセットまたはビデオを選択した場合は、ドロップダウンメニューで「ビューア」をタップします。

      左側のレールで、ビューアプリセット名をタップします。セットまたはビデオのプレビューが別のページで開きます。

      左側のレールの下部にある「URL」をタップします。

      chlimage_1-271

  3. テキストを選択し、Web ブラウザーにコピーしてアセットをプレビューするか、Web コンテンツページに追加します。

    URL ウィンドウを閉じるには、「X」をタップするか、「閉じる」をタップします。

静的アセットの URL の取得

Dynamic Media は静的アセットの配信をサポートします。静的アセットとは、画像やビデオに留まらない追加アセットです。配信がサポートされる静的アセットの形式は以下のとおりです。

  • アニメーション GIF
  • オーディオファイル
  • CSS
  • JavaScript(会社が独自ドメインで設定されている場合)
  • PDF
  • SVG
  • XML
  • ZIP

静的アセットの URL を取得するには:

  1. URL をコピーする「公開済み」の静的アセットの場所に移動し、アセットをタップして開きます。

    URL をコピーするには、その前に静的アセットを公開しておく必要があります。

    アセットの公開を参照してください。

  2. 以下のいずれかの方法で、公開済みの静的アセットの URL を取得します。

    • The URL of the published static is the following:

      • https://*<server_name>*/is/content/*<company_name>*/*<static_asset_filename>*.*<extension>*

        例: https://aem.com/is/content/adobe/image.gif

    • アセット/動的レンディション​をクリックし、静的アセットの動的レンディションをタップして URL をコピーします。

      コピーした URL を変更して、is/image/ の代わりにパスの is/content を使用します。

公開されたビデオレンディションのビデオ URL の取得

  1. AEM で、ツール/デプロイメント/クラウド/Cloud Services に移動します。

  2. Cloud Services ページで、「Dynamic Media Cloud Services」見出しまでスクロールダウンして、「設定を表示」をタップします。

  3. 利用可能な設定」の下で、必要な設定をタップします。

  4. Dynamic Media クラウドの設定​ページの「ビデオサービスの URL」の下で、URL パス全体をコピーします。コピーした URL パスは後の手順で必要になります。

    例えば、URL パスは、次のように表示されることがあります。

    https://s7athens.macromedia.com:9090/DMGateway/

    (このパスは説明のために便宜的に示しています。コピーする実際のパスではありません。)

  5. 登録 ID」の下で、ID の最後の部分にある顧客名をコピーします。

    例えば、登録 ID が 87654321|MyCompany の場合、顧客名は MyCompany です。

  6. ページの左上隅付近で、「Cloud Services」をタップし、AEMアイコンをタップして、一般/CRXDE Lite​に移動します。

  7. JCR(Java コンテンツリポジトリー)のビデオレンディションパス全体をコピーします。

    例えば、ビデオのレンディションパスは、次のように表示されることがあります。

    /_renditions_/0bd/0bd28743-a616-4fe6-92aa-6eae7c2112f/avs/Momentum_1080-0x720-2600k.mp4

    (このパスは説明のために便宜的に示しています。コピーする実際のパスではありません。)

  8. コピーした情報を次の順序に並べて、完全な URL パスを作成します。

    <Video_Service_URL>/public/<Customer_name_from_Registration_ID>/<Video_rendition_path>

    例えば、これまでの手順のサンプルのパスと顧客名を使用すると、完成したパスは次のようになります。

    https://s7athens.macromedia.com:9090/DMGateway/public/MyCompany/_renditions_/0bd/0bd28743-a616-4fe6-92aa-6eae7c2112ff/avs/Momentum_1080-0x720-2600k.mp4

    これは、公開されたビデオレンディションの完全なビデオ URL です。

アダプティブストリーミング(HLS)用のビデオ URL の取得

  1. AEM で、ツール/デプロイメント/クラウド/Cloud Services に移動します。

  2. Cloud Services ページで、「Dynamic Media Cloud Services」見出しまでスクロールダウンして、「設定を表示」をタップします。

  3. 利用可能な設定」の下で、必要な設定をタップします。

  4. Dynamic Media Cloud Services を設定​ページで、以下の作業を行います。

    • ビデオサービスの URL」の下で、URL パス全体をコピーします。コピーした URL パスは後の手順で必要になります。例えば、URL パスは、次のように表示されることがあります。

    https://gateway-na.assetsadobe.com/DMGateway/

    (このパスは説明のために便宜的に示しています。コピーする実際のパスではありません。)

    • 登録 ID」の下で、ID の最後の部分にある顧客名をコピーします。コピーした顧客名は後の手順で必要になります。

      例えば、登録 ID が 87654321|demoCo の場合、コピーする顧客名は demoCo です。

  5. 使用しているビデオ配信プロトコルに基づいて、それぞれのプロトコルセレクターをコピーします。コピーしたプロトコルセレクターは後の手順で必要になります。

    使用しているビデオ配信プロトコル 使用するプロトコルセレクター
    HTTP
    HTTP(セキュアでないビデオ配信)を使用している場合は、前にコピーしたビデオサービスURL値でhttpsをhttpに変更してください。
    public/
    HTTPS public-ssl/
  6. Dynamic Media で処理される AEM のビデオアセットのフルパスをコピーします。コピーしたビデオアセットのパスは後の手順で必要になります。

    次に例を示します。

    /content/dam/marketing/MyVideo.mp4

  7. これまでの手順でコピーしたすべての要素を以下の順に組み合わせて、文字列を作成します。

    < video service URL>< protocol selector>< customer name>< video asset path>

    例えば、これまでの手順の例からコピーした情報を使用すると、以下のような文字列になります。

    https://gateway-na.assetsadobe.com/DMGateway/public-ssl/demoCo/content/dam/marketing/MyVideo.mp4

  8. 文字列の最後に .m3u8 を付けて URL を完成させます。例えば、前の手順の文字列に .m3u8 を付けると、完全な URL パスは以下のようになります。

    https://gateway-na.assetsadobe.com/DMGateway/public-ssl/demoCo/content/dam/marketing/MyVideo.mp4.m3u8

HTTP/2 を使用した Dynamic Media アセットの配信

HTTP/2 は、ブラウザーとサーバーの交信を強化する、新しく更新された Web プロトコルです。このプロトコルを使用すれば、情報の伝送を高速化し、必要な処理能力を抑えることができます。HTTP/2 上で Dynamic Media アセットの配信が可能になり、応答時間と読み込み時間が短縮されました。

Dynamic Media アカウントでの HTTP/2 の使用方法について詳しくは、コンテンツの HTTP/2 配信を参照してください。

このページ