Dynamic Media - Scene7 モードの設定

開発、ステージング、実稼動など、異なる環境用にAdobe Experience Managerを設定して使用する場合は、各環境用にDynamic MediaCloud Servicesを設定する必要があります。

Dynamic Media - Scene7 モードのアーキテクチャ図

以下のアーキテクチャ図に Dynamic Media - Scene7 モードの仕組みを示します。

新しいアーキテクチャでは、Experience Managerはマスターアセットを担当し、Dynamic Mediaと同期してアセットの処理と公開をおこないます。

  1. マスターアセットがExperience Managerにアップロードされると、Dynamic Mediaにレプリケートされます。 その時点で、Dynamic Media は、ビデオエンコーディングおよび画像の動的バリアントなど、すべてのアセットの処理とレンディションの生成を扱います。
  2. レンディションが生成されると、Experience Managerは、リモートのDynamic Mediaレンディションに安全にアクセスし、プレビューできます(バイナリはExperience Managerインスタンスに送り返されません)。
  3. コンテンツを公開および承認する準備ができると、Dynamic Media サービスがトリガーされ、コンテンツが配信サーバーにプッシュされて、CDN にコンテンツがキャッシュされます。

chlimage_1

Scene7 モードの Dynamic Media の有効化

Dynamic Media はデフォルトで無効になっています。Dynamic Mediaの機能を活用するには、有効にする必要があります。

警告

Dynamic Media - Scene7モードは、Experience Managerオーサーインスタンス専用です。 したがって、Experience Managerオーサーインスタンスでrunmode=dynamicmedia_scene7を設定し、Experience Managerパブリッシュインスタンスでは​設定しません

Dynamic Mediaを有効にするには、コマンドラインからdynamicmedia_scene7実行モードを使用してターミナルウィンドウで次のように入力してExperience Managerを起動する必要があります(使用されるポートの例は4502)。

java -Xms4096m -Xmx4096m -Doak.queryLimitInMemory=500000 -Doak.queryLimitReads=500000 -jar cq-quickstart-6.4.0.jar -gui -r author,dynamicmedia_scene7 -p 4502

(オプション)Dynamic Media のプリセットおよび設定を 6.3 から 6.4 にダウンタイムなしで移行

Experience ManagerDynamic Mediaを6.3から6.4(ダウンタイムなしのデプロイメント機能を含む)にアップグレードする場合は、次のcurlコマンドを実行して、すべてのプリセットと設定をCRXDE Liteで/etcから/confに移行します。

メモ

互換モードでExperience Managerインスタンスを実行する場合(つまり、互換パッケージがインストールされている場合)、これらのコマンドを実行する必要はありません。

カスタムプリセットおよび設定を/etcから/confに移行するには、次のLinux® curlコマンドを実行します。

curl -u admin:admin http://localhost:4502/libs/settings/dam/dm/presets.migratedmcontent.json

互換パッケージの有無を問わず、すべてのアップグレードについて、次のコマンドを実行することにより標準提供ビューアプリセットをコピーできます。

curl -u admin:admin http://localhost:4502/libs/settings/dam/dm/presets/viewer.pushviewerpresets

(オプション)一括アセット移行用の機能パック18912をインストールしています

機能パック18912では、FTPを使用してアセットを一括で取り込むか、Dynamic Media — ハイブリッドモードまたはDynamic Media ClassicからDynamic Media - Scene7モードにExperience Manager時にアセットを移行できます。 Adobe Professional Servicesから入手できます。

詳しくは、一括アセット移行用の機能パック18912のインストールを参照してください。

Dynamic Media クラウドサービスの設定

Dynamic Mediaパスワードを設定する前に、パスワードをCloud Servicesします。 Dynamic Mediaの資格情報を含むプロビジョニング電子メールを受け取ったら、Dynamic Media Classicデスクトップアプリケーションにサインインして、パスワードを変更する必要があります。 プロビジョニング電子メールで提供されたパスワードは、システムが生成したもので、一時的なパスワードです。Dynamic Media Cloud Service が正しい資格情報で設定されるように、パスワードを更新することが重要です。

メモ

デフォルトでは、Cloud Servicesの設定パスは/content/damです。 その他の設定パスは、Dynamic Media - Scene7モードではサポートされません。

Dynamic MediaCloud Servicesを設定するには:

  1. Experience Managerオーサーインスタンスで、Experience Managerのロゴをタップしてグローバルナビゲーションコンソールにアクセスし、ツールアイコンをタップしてから、Cloud Services/Dynamic Media設定​をタップします。

  2. Dynamic Media設定ブラウザーページの左側のパネルで、「global」をタップし、「作成」をタップします。 globalの左側にあるフォルダーアイコンをタップまたは選択しないでください。

  3. Dynamic Media設定を作成ページで、タイトル、Dynamic Mediaアカウントの電子メールアドレスおよびパスワードを入力します。 地域を選択します。 この情報は、プロビジョニング電子メールのAdobeによって提供されます。 Eメールを受け取っていない場合は、Adobeカスタマーケアにお問い合わせください。

    Dynamic Mediaに接続」をタップします。

    メモ

    Dynamic Mediaの資格情報を含むプロビジョニング電子メールを受け取ったら、Dynamic Media Classicデスクトップアプリケーションを開き、会社のアカウントにサインインしてパスワードを変更します。 プロビジョニング電子メールで提供されたパスワードは、システムが生成したもので、一時的なパスワードです。Dynamic MediaCloud Serviceが正しい資格情報で設定されるように、パスワードを更新することが重要です。

  4. 接続に成功すると、次も設定できます。

    • 会社 - Dynamic Media アカウントの名前です。様々なサブブランドや事業部、または異なるステージング/実稼動環境に対して、複数のDynamic Mediaアカウントを持つことができます。

    • 会社のルートフォルダーのパス

    • アセットを公開 - 「即時」オプションは、アセットがアップロードされると、システムによってアセットが取り込まれ、URL/埋め込みがすぐに提供されることを意味します。アセットを公開するためにユーザーが操作する必要はありません。「アクティベーション時」オプションは、URL/埋め込みリンクが提供される前に、最初にアセットを明示的に公開する必要があることを意味します。

    • プレビューサーバーを保護 - セキュアなレンディションプレビューサーバーへの URL パスを指定できます。つまり、レンディションが生成されると、Experience Managerは、リモートのDynamic Mediaレンディションに安全にアクセスし、プレビューできます(バイナリはExperience Managerインスタンスに送り返されません)。

      自社のサーバーまたは特別なサーバーを使用する特別な取り決めがない限り、Adobeではデフォルト設定を使用することをお勧めします。

    メモ

    DMS7 ではバージョン管理はサポートされていません。また、遅延アクティベーションは、Dynamic Media 設定を編集ページの「アセットを公開」が「アクティベーション時」に設定されている場合にのみ、アセットが最初にアクティベートされるまでの間に限って適用されます。

    アセットがアクティベートされるとすぐに、すべての更新が S7 配信にライブ公開されます。

    dynamicmediaconfiguration2updated

  5. 保存」をタップします。

  6. Dynamic Mediaコンテンツを公開する前に安全にプレビューするには、Experience Managerオーサーインスタンスを「許可リスト」してDynamic Mediaに接続する必要があります。

    • Dynamic Media Classic デスクトップアプリケーションを開き、アカウントにログインします。資格情報とログオンの詳細は、プロビジョニング時にアドビから付与されたものです。この情報をお持ちでない場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。
    • ページの右上付近にあるナビゲーションバーで、設定 / アプリケーション設定 / 公開設定 / Image Server​をタップします。
    • Image Server 公開ページの「公開コンテキスト」ドロップダウンリストで、「画像サービングをテスト」を選択します。
    • 「クライアントアドレスフィルター」で、「追加」​をタップします。
    • アドレスを有効(オン)にするには、チェックボックスをオンにします。(Dispatcher IPではなく)Experience ManagerオーサーインスタンスのIPアドレスを入力します。
    • 保存」をタップします。

これで基本設定が完了しました。Dynamic Media - Scene7 モードを使用する準備が整いました。

設定をさらにカスタマイズする場合は、(オプション)Dynamic Media - Scene7 モードでの詳細設定で示す任意のタスクをオプションで実行できます。

(オプション)Dynamic Media - Scene7 モードでの詳細設定

Dynamic Media - Scene7 モードのセットアップと設定をさらにカスタマイズしたり、パフォーマンスを最適化したりする場合は、次のオプションタスクを 1 つまたは複数実行できます。

(オプション)Dynamic Media - Scene7 モードのセットアップと設定

dynamicmedia_scene7​実行モードの場合は、Dynamic Media Classicユーザーインターフェイスを使用してDynamic Media設定を変更します。

上記のタスクの一部では、Dynamic Media Classic デスクトップアプリケーションを開いて、アカウントにログインする必要があります。

セットアップおよび設定のタスクは次のとおりです。

Image Server の公開設定

公開設定は、アセットがデフォルトで Dynamic Media からどのように配信されるかを決定します。設定が指定されていない場合、Dynamic Media は、公開設定で定義されたデフォルト設定に従ってアセットを配信します。例えば、解像度属性が含まれていない画像を配信するように要求した場合、画像は初期設定のオブジェクト解像度設定で配信されます。

公開設定を設定するには:Dynamic Media Classicで、設定 / アプリケーション設定 / 公開設定 / Image Server​をタップします。

Image Server 画面では、画像を配信するためのデフォルト設定を指定します。各設定の説明については、ユーザーインターフェイスを参照してください。

  • 要求属性 - これらの設定は、サーバーから配信できる画像を制限します。
  • 初期設定の要求属性 - これらの設定は、画像のデフォルトの表示に関係します。
  • 共通のサムネール属性 - これらの設定は、サムネール画像のデフォルトの表示に関係します。
  • カタログフィールドの初期設定 - これらの設定は、画像の解像度とデフォルトのサムネールの種類に関係します。
  • カラーマネジメント属性 - これらの設定は、使用する ICC カラープロファイルを決定します。
  • 互換性の属性 - この設定により、後方互換性の確保のためにバージョン 3.6 の場合と同様に、テキストレイヤーの先頭と末尾の段落が処理されます。
  • ローカリゼーションサポート - これらの設定によって、複数のロケール属性を管理します。また、ロケールマップ文字列を指定することもできます。これにより、ビューアのツールチップで使用する言語を指定できます。ローカリゼーションサポートの設定について詳しくは、ローカライゼーションサポートを実装する際の重要な考慮事項を参照してください。

アプリケーションの一般設定の指定

アプリケーションの一般設定ページを開くには、Dynamic Media Classicグローバルナビゲーションバーで、設定 / アプリケーション設定 / 一般設定​をタップします。

サーバー -​アカウントのプロビジョニング時に、会社に割り当てられているサーバーが Dynamic Media によって自動的に提供されます。これらのサーバーは、Web サイトとアプリケーションの URL 文字列を生成するのに使用されます。これらの URL 呼び出しは、アカウントに固有です。Experience Manager のサポートから明示的に指示されない限り、サーバー名は変更しないでください。

画像を上書き - Dynamic Media は、2 つのファイルが同じ名前を持つことを許可しません。各項目の URL ID(ファイル名から拡張子を取り除いた部分)は一意である必要があります。これらのオプションは、置き換えるアセットのアップロード方法、つまり元のアセットを置き換えるか、重複させるかを指定します。重複するアセット名には「-1」が付けられます(例えば、chair.tif は chair-1.tif に変更されます)。これらのオプションは、元のアセットとは別のフォルダーにアップロードされるアセットや、元のアセットと異なるファイル名拡張子(JPG、TIF、PNG など)を持つアセットに影響を与えます。

  • 現在のフォルダーでベース名と拡張子が同じファイルを上書き - このオプションは最も厳格な置換規則です。置き換え画像を元の画像と同じフォルダーにアップロードし、置き換え画像と元の画像のファイル名拡張子が同じになっている必要があります。これらの要件が満たされない場合、重複が作成されます。
メモ

Experience Managerとの一貫性を維持するには、「現在のフォルダーでベース名と拡張子が同じ​を上書き」を選択します。

  • 任意のフォルダーでベース名と拡張子が同じファイルを上書き — 置き換え画像のファイル名拡張子が元の画像と同じである必要があります(例えば、を置き換えるの chair.jpg ではなく chair.jpg 置き換える chair.tif)。ただし、置き換え画像を、元の画像と別のフォルダーにアップロードできます。更新された画像は新しいフォルダーにあり、元の場所のファイルはなくなります。

  • 任意のフォルダーでベース名が同じファイルを上書き - このオプションは最も包括的な置換規則です。置き換え画像を、元の画像と別のフォルダーにアップロードでき、ファイル名拡張子が異なるファイルをアップロードして、元のファイルと置き換えることができます。元のファイルが別のフォルダーにある場合、置き換え画像は、アップロード先の新しいフォルダーに存在します。

初期設定のカラープロファイル - 詳細については、カラーマネジメントの設定を参照してください。

メモ

デフォルトでは、アセットの詳細表示で「レンディション」を選択した場合 15 個のレンディションが表示され、「ビューア」を選択した場合 15 個のビューアプリセットが表示されます。この制限は増やすことができます。表示する画像プリセットの数を増やすまたは表示するビューアプリセットの数を増やすを参照してください。

カラーマネジメントの設定

Dynamic Media カラーマネジメントを使用すると、アセットをカラー補正できます。カラー補正により、取り込まれたアセットは、カラースペース(RGB、CMYK、グレー)および埋め込みカラープロファイルを維持します。動的レンディションを要求した場合、画像の色は、CMYK、RGB またはグレー出力を使用するターゲットのカラースペースに補正されます。画像プリセットの設定を参照してください。

画像を要求する際にカラー補正を有効にするためのデフォルトのカラープロパティを設定するには:

  1. Dynamic Media Classic デスクトップアプリケーションを開き、プロビジョニング時に提供された資格情報を使用してアカウントにログインします。Setup > Application Setup​に移動します。

  2. 公開設定」領域を展開して、「Image Server」を選択します。パブリッシュインスタンスのデフォルトを設定する際に、「公開コンテキスト」を「画像サービング」に設定します。

  3. 変更する必要があるプロパティまでスクロールします。例えば、カラーマネジメント属性​領域のプロパティなどです。

    次のカラー補正プロパティを設定できます。

    • CMYK のデフォルトカラースペース - デフォルトの CMYK カラープロファイルの名前
    • グレースケールのデフォルトカラースペース - デフォルトのグレーカラープロファイルの名前
    • RGB のデフォルトカラースペース - デフォルトの RGB カラープロファイルの名前
    • カラー変換レンダリングの方法 - レンダリング方法を指定します。指定できる値は、perceptualrelative colometricsaturationabsolute colometricです。 Adobeでは、relativeをデフォルトとして推奨しています。
  4. 保存」をタップします。

例えば、RGB の初期設定カラースペース​を sRGB に、CMYK の初期設定カラースペース​を WebCoated に設定できます。

それには、次のようにします。

  • RGB および CMYK 画像のカラー補正を有効にします。
  • カラープロファイルを持たない RGB 画像は、sRGB カラースペースにあると見なされます。
  • カラープロファイルを持たない CMYK 画像は、WebCoated カラースペースにあると見なされます。
  • RGB出力を返す動的レンディションは、RGB出力をsRGBカラースペースで返します。
  • CMYK出力を返す動的レンディションは、CMYK出力をWebCoatedカラースペースで返します。

サポートされる形式の MIME タイプの編集

Dynamic Media によって処理されるアセットタイプを定義して、高度なアセット処理パラメーターをカスタマイズできます。例えば、アセット処理パラメーターを指定して次のことができます。

  • Adobe PDF を eCatalog アセットに変換する。
  • Adobe Photoshop ドキュメント(.PSD)をパーソナライズ用のバナーテンプレートアセットに変換する。
  • Adobe Illustrator ファイル(.AI)または Adobe Photoshop Encapsulated PostScript® ファイル(.EPS)をラスタライズする。
  • ビデオプロファイルおよびイメージングプロファイルは、それぞれ、ビデオおよび画像の処理を定義するのに使用できます。

アセットのアップロードを参照してください。

サポートされている形式のMIMEタイプを編集するには:

  1. Experience Managerで、Experience Managerのロゴをタップしてグローバルナビゲーションコンソールにアクセスし、ツール(ハンマー)アイコンをタップして、一般/CRXDE Lite​に移動します。

  2. 左側のパネルで、次の場所に移動します。

    /conf/global/settings/cloudconfigs/dmscene7/jcr:content/mimeTypes

    mimetypes

  3. mimeTypesフォルダーで、MIMEタイプを選択します。

  4. CRXDE Lite ページの右側の下部で、次の操作をおこないます。

    • 有効」フィールドをダブルクリックします。デフォルトでは、すべてのアセットのMIMEタイプが有効になっています(true​に設定されています)。これは、処理のためにアセットがDynamic Mediaに同期されることを意味します。 このアセットの MIME タイプを処理から除外する場合、この設定を false に変更します。
    • jobParam をダブルクリックして、関連するテキストフィールドを開きます。特定の MIME タイプに使用可能な、許可されている処理パラメーター値のリストについては、サポートされる MIME タイプを参照してください。
  5. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • 手順3 ~ 4を繰り返して、さらにMIMEタイプを編集します。
    • CRXDE Liteページのメニューバーで、「すべて保存」をタップします。
  6. ページの左上隅にある「CRXDE Lite」をタップして、Experience Managerに戻ります。

サポートされていない形式のカスタム MIME タイプの追加

Experience Manager Assets でサポートされていない形式のカスタム MIME タイプを追加できます。CRXDE Liteに追加した新しいExperience Managerが削除されないようにするには、MIMEタイプを​image_​の前に移動し、その有効値を​false​に設定します。

サポートされていない形式のカスタム MIME タイプを追加するには:

  1. Experience Managerで、ツール / 操作 / Webコンソール​をクリックします。

    Web コンソール

  2. 新しいブラウザータブが開き、Adobe Experience Manager Web コンソール設定​ページが表示されます。

    Experience ManagerWebコンソールの設定

  3. ページで、「Adobe CQ Scene7 Asset MIME type Service」という名前まで下にスクロールします。 名前の右側にある「設定値を編集」(鉛筆アイコン)をタップします。

    設定値の編集

  4. Adobe CQ Scene7 Asset MIME type Service​ページで、任意のプラス記号アイコン+をクリックします。 新しい MIME タイプを追加する場合にクリックする、プラス記号のテーブルの場所はすぐわかります。

    プラス記号アイコン

  5. 空のテキストフィールドに追加した DWG=image/vnd.dwg を入力します。

    DWG=image/vnd.dwgの例は、デモ目的でのみ使用します。 ここで追加する MIME タイプは、その他のサポートされていない形式でもかまいません。

    MIMEタイプの追加の例

  6. ページの右下隅にある「保存」をクリックします。

    この時点で、Adobe Experience Manager Web コンソール設定ページが開いているブラウザータブを閉じることができます。

  7. 開いているブラウザーコンソールを持つExperience Managerタブに戻ります。

  8. Experience Managerで、ツール > 一般 > CRXDE Lite​をクリックします。

    CRXDE Liteページ

  9. 左側のパネルで、次の場所に移動します。

    conf/global/settings/cloudconfigs/dmscene7/jcr:content/mimeTypes

  10. MIMEタイプimage_vnd.dwgをドラッグし、ツリー内のimage_の上にドロップします。

    MIMEタイプのドラッグ

  11. MIMEタイプimage_vnd.dwgがツリーで選択されたままの状態で、「プロパティ」タブの​「有効」行の​​列見出しで値をダブルクリックして、​ドロップダウンリストを開きます。

  12. フィールドに false と入力します(または、ドロップダウンリストから「false」を選択します)。

    False値

  13. CRXDE Lite ページの左上隅付近にある「すべて保存」をクリックします。

画像セットおよびスピンセットを自動生成するためのバッチセットプリセットの作成

アセットを Dynamic Media にアップロードしながら画像セットやスピンセットを自動作成するには、バッチセットプリセットを使用します。

最初に、アセットをセットにグループ化する際の命名規則を定義します。 次に、バッチセットプリセットを作成できます。このプリセットは、プリセット手法で定義された命名規則に一致する画像を使用してセットの構成方法を定義する、固有の名前を持つ自己完結した命令のセットです。

ファイルをアップロードする際に、Dynamic Media によって、アクティブプリセット内の定義された命名規則に一致するすべてのファイルのセットが自動的に作成されます。

デフォルトの命名規則の設定

バッチセットプリセット手法で使用するデフォルトの命名規則を作成します。バッチセットプリセット定義で選択されたデフォルトの命名規則は、バッチセットの生成に会社で必要なもののみである可能性があります。 バッチセットプリセットは、定義するデフォルトの命名規則を使用するために作成されます。会社が定義するデフォルトの命名規則に例外がある場合のために、特定のコンテンツのセットに必要な代替のカスタム命名規則を含むバッチセットプリセットを、必要なだけいくつでも作成できます。

バッチセットプリセット機能を使用するためにデフォルトの命名規則を設定する必要はありませんが、これを使用して、1つのセットにグループ化する命名規則の要素をいくつでも定義できます。 これにより、バッチセットの作成を効率化できます。

別の方法として、表示コード​を使用し、使用可能なフォームフィールドはありません。 このビューでは、正規表現を完全に使用して命名規則の定義を作成します。

定義には、一致​と​ベース名​の2つの要素を使用できます。 これらのフィールドでは、命名規則のすべての要素を定義して、要素が含まれるセットを命名するために使用される規則の一部を指定できます。会社の個々の命名規則では、これらの要素ごとに1行以上の定義を使用できます。 一意の定義に対して行をいくつでも使用し、個別の要素にグループ化します。 例えば、メイン画像、カラー要素、代替ビュー要素、スウォッチ要素などです。

デフォルトの命名規則を設定するには::

  1. Dynamic Media Classic デスクトップアプリケーションを開き、アカウントにログインします。

    資格情報とログオンの詳細は、プロビジョニング時にアドビから付与されたものです。この情報をお持ちでない場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。

  2. ページの上付近にあるナビゲーションバーで、設定 / アプリケーション設定 / バッチセットプリセット / デフォルトの名前​をタップします。

  3. フォームを表示」または「コードを表示」を選択し、各要素に関する情報の表示と入力の方法を指定します。

    コードを表示」チェックボックスを選択して、選択した形式と同時に作成される正規表現値を表示できます。フォーム表示により制限を受ける場合、命名規則の要素を定義するために正規表現値を入力または変更できます。値をフォーム表示で解析できない場合は、フォームフィールドは非アクティブになります。

    メモ

    非アクティブなフォームフィールドは、正規表現の正誤に関する検証を実行しません。「結果」行で各要素に作成する正規表現の結果を確認できます。完全な正規表現は、ページの一番下に表示されます。

  4. 必要に応じて各要素を展開し、使用する命名規則を入力します。

  5. 必要に応じて、次の操作をおこないます。

    • 別の命名規則を要素に追加するには、「追加」をタップします。
    • 要素の命名規則を削除するには、「削除」をタップします。
  6. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • 名前を付けて保存」をタップし、プリセットの名前を入力します。
    • 既存のプリセットを編集している場合は、「保存」をタップします。

バッチセットプリセットの作成

Dynamic Media では、バッチセットプリセットを使用して、アセットをビューアで表示するための画像のセット(代替画像、カラーオプション、360 スピン)に整理します。バッチセットプリセットは、Dynamic Media でのアセットアップロード処理と同時に自動的に実行されます。

バッチセットプリセットを作成、編集および管理できます。バッチセットプリセット定義には、次の2つの形式があります。1つは、設定するデフォルトの命名規則用、もう1つは、その場で作成するカスタムの命名規則用です。

バッチセットプリセットを定義するフォームフィールドメソッドとコードメソッドのどちらかを使用できます(正規表現を使用できます)。「デフォルトの命名」のように、「フォームビュー」で定義するのと同時に「コードを表示」を選択し、正規表現を使用して定義を作成できます。 また、どちらかの表示をオフにして、一方の表示のみを使用することもできます。

バッチセットプリセットを作成するには::

  1. Dynamic Media Classic デスクトップアプリケーションを開き、アカウントにログインします。

    資格情報とログオンの詳細は、プロビジョニング時にアドビから付与されたものです。この情報をお持ちでない場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。

  2. ページの上付近にあるナビゲーションバーで、設定 / アプリケーション設定 / バッチセットプリセット / バッチセットプリセット​をタップします。

    「フォームを表示」は、詳細ページの右上隅に設定さ れているデフォルトの表示です。

  3. プリセットリストパネルの「追加」をタップして、画面の右側にある「詳細」パネルの定義フィールドを有効にします。

  4. 詳細​パネルの「プリセット名」フィールドに、プリセットの名前を入力します。

  5. バッチセットの種類​ドロップダウンメニューで、プリセットの種類を選択します。

  6. 次のいずれかの操作を行います。

    • アプリケーション設定 / バッチセットプリセット / デフォルトの命名​で設定したデフォルトの命名規則を使用している場合は、アセットの命名規則​を展開し、ファイルの命名<a9/ドロップ下のリストから、「​デフォルト​」をタップします。
    • プリセット​アセットの命名規則​を設定したときに新しい命名規則を定義するには、ファイルの命名​ドロップダウンリストで「カスタム」をタップします。
  7. シーケンスの順序について、Dynamic Mediaでグループ化した後に画像が表示される順序を定義します。

    デフォルトでは、アセットはアルファベット順に並んでいます。ただし、コンマ区切りの正規表現リストを使用して順番を定義できます。

  8. 命名」と「作成規則」に、「アセット命名規則」で定義したベース名のサフィックスまたはプレフィックスを指定します。 また、Dynamic Mediaフォルダー構造内でセットを作成する場所を定義します。

    多数のセットを定義する場合は、アセット自体を含むフォルダーとは別にセットを保存します。 例えば、画像セットフォルダーを作成し、生成したセットをここに配置します。

  9. 詳細​パネルで、「保存」をタップします。

  10. 新しいプリセット名の隣にある「アクティブ」をタップします。

    プリセットをアクティブにすると、アセットを Dynamic Media にアップロードする際に、バッチセットプリセットを適用してセットを生成できます。

2D スピンセットを自動生成するためのバッチセットプリセットの作成

バッチセットの種類の​多軸スピンセット​を使用して、2D スピンセットの生成を自動化する手法を作成できます。画像のグループ化では行と列の正規表現を使用するので、画像アセットが多次元の配列の対応する場所に正しく配置されます。多軸スピンセットの行数または列数には、上限または下限はありません。

例として、spin-2dspin という名前の多軸スピンセットを作成します。1 行あたり 12 個の画像が含まれる 3 行のスピンセット画像セットがあります。画像の名前は次のとおりです。

spin-01-01 
 spin-01-02 
 … 
 spin-01-12 
 spin-02-01 
 … 
 spin-03-12

この情報を使用して、バッチセットの種類のレシピを次のように作成できます。

chlimage_1-1

スピンセットのアセット名の一部を共有するグループが、ハイライト表示されている「一致」フィールドに追加されます。 行と列を含むアセット名の可変部分は、それぞれ「」フィールドと「」フィールドに追加しています。

スピンセットをアップロードして公開する際に、アップロードオプションを設定​ダイアログボックスの​バッチセットプリセット​の下に表示される2Dスピンセット手法の名前をアクティブ化します。

2D スピンセットを自動生成するためのバッチセットプリセットを作成するには::

  1. Dynamic Media Classic デスクトップアプリケーションを開き、アカウントにログインします。

    資格情報とログオンの詳細は、プロビジョニング時にアドビから付与されたものです。この情報をお持ちでない場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。

  2. ページの上付近にあるナビゲーションバーで、設定 / アプリケーション設定 / バッチセットプリセット / バッチセットプリセット​をタップします。

    「フォームを表示」は、詳細ページの右上隅に設定さ れているデフォルトの表示です。

  3. プリセットリスト​パネルで、追加​をタップして、画面の右側にある​詳細​パネルの定義フィールドを有効にします。

  4. 詳細​パネルの「プリセット名」フィールドに、プリセットの名前を入力します。

  5. バッチセットの種類​ドロップダウンメニューで、「アセットセット」を選択します。

  6. サブタイプ」ドロップダウンリストで、「多軸スピンセット」を選択します。

  7. アセットの命名規則​を展開し、ファイルの命名​ドロップダウンリストで「カスタム」をタップします。

  8. 一致」およびオプションとして「ベース名」の属性を使用して、グループを構成する画像アセットの命名に使用する正規表現を定義します。

    リテラル一致正規表現の例を次に示します。

    (w+)-w+-w+

  9. 行と列の位置」を展開し、2D スピンセット配列内の画像アセットの位置の名前形式を定義します。

    ファイル名内での行または列の位置は丸括弧で囲みます。

    例えば、行の正規表現の場合、次のようになります。

    \w+-R([0-9]+)-\w+

    または

    \w+-(\d+)-\w+

    列の正規表現の例を次に示します。

    \w+-\w+-C([0-9]+)

    または

    \w+-\w+-C(\d+)

    これらの式は、デモ目的でのみ使用される例です。 必要に応じて独自の正規表現を作成できます。

    メモ

    行と列の正規表現の組み合わせで多次元スピンセット配列内のアセットの位置を判断できない場合、そのアセットはセットに追加されず、エラーが記録されます。

  10. 命名」と「作成規則」に、「アセット命名規則」で定義したベース名のサフィックスまたはプレフィックスを指定します。

    また、Dynamic Media Classicのフォルダー構造内でスピンセットを作成する場所を定義します。

    多数のセットを定義する場合は、アセット自体を含むフォルダーとは別にセットを保存します。 例えば、スピンセットフォルダーを作成して、そこに生成されたセットを配置します。

  11. 詳細​パネルで、「保存」をタップします。

  12. 新しいプリセット名の隣にある「アクティブ」をタップします。

    プリセットをアクティブにすると、アセットを Dynamic Media にアップロードする際に、バッチセットプリセットを適用してセットを生成できます。

(オプション)Dynamic Media - Scene7 モードのパフォーマンスの調整

Dynamic Media - Scene7モードのスムーズな実行を維持するために、Adobeでは、次の同期パフォーマンス/拡張性の微調整のヒントをお勧めします。

  • 様々なファイル形式の処理に対応する定義済みのジョブパラメーターを更新する。
  • 事前定義済みの Granite のワークフロー(ビデオアセット)キューワーカースレッドを更新する。
  • Granite の事前定義済みの一時的なワークフロー(画像および非ビデオアセット)キューワーカースレッドを更新する。
  • Dynamic Media Classic サーバーへの最大アップロード接続数を更新する。

様々なファイル形式の処理に対応する定義済みのジョブパラメーターを更新する

ジョブパラメーターを調整して、ファイルアップロード時の処理を高速化できます。例えば、PSD ファイルをアップロードしても、テンプレートとして処理しない場合は、レイヤー抽出を false(オフ)に設定できます。この場合、調整されたジョブパラメーターは次のように表示されます。process=None&createTemplate=false

テンプレートの作成を有効にする場合は、次のパラメーターを使用します。process=MaintainLayers&layerNaming=AppendName&createTemplate=true

PDF ファイル、PostScript® ファイル、PSD ファイルには、以下の「調整済み」ジョブパラメーターを使用することをお勧めします。

ファイルタイプ 推奨されるジョブパラメーター
PDF pdfprocess=Thumbnail&resolution=150&colorspace=Auto&pdfbrochure=false&keywords=false&links=false
PostScript® psprocess=Rasterize&psresolution=150&pscolorspace=Auto&psalpha=false&psextractsearchwords=false&aiprocess=Thumbnail&airesolution=150&aicolorspace=Auto&aialpha=false
PSD process=None&layerNaming=AppendName&anchor=Center&createTemplate=false&extractText=false&extendLayers=false

これらのパラメーターのいずれかを更新するには、MIME タイプベースの Assets/Dynamic Media Classic アップロードジョブパラメーターサポートの有効化の手順に従います。

Granite の一時的なワークフローキューの更新

Granite の一時的なワークフローキューは、DAM アセットの更新​ワークフローに使用されます。Dynamic Media では、画像の取り込みおよび処理に使用されます。

Granite の一時的なワークフローキューを更新するには::

  1. https://<server>/system/console/configMgr に移動して、Queue: Granite Transient Workflow Queue を検索します。

    メモ

    OSGi PID は動的に生成されるので、ダイレクト URL ではなく、テキスト検索が必要です。

  2. 並列ジョブの最大数」フィールドで、目的の値に数値を変更します。

    並列ジョブの最大数​を増やすと、Dynamic Media へのファイルの大量アップロードを適切にサポートできます。正確な値は、ハードウェアの容量に依存します。初回移行や 1 回限りのバルクアップロードなど、特定のシナリオでは、大きな値を使用できます。ただし、大きな値(コア数の 2 倍など)を使用すると、他の同時アクティビティに悪影響を及ぼす可能性があることに注意してください。そのため、特定事例で値をテストして整する必要があります。

chlimage_1

  1. 保存」をタップします。

Granite のワークフローキューの更新

Granite のワークフローキューは、一時的でないワークフローに使用されます。Dynamic Media では、Dynamic Media エンコーディングビデオ​ワークフローでビデオを処理するために使用されます。

Granite のワークフローキューを更新するには::

  1. https://<server>/system/console/configMgr に移動して、Queue: Granite Workflow Queue を検索します。

    メモ

    OSGi PID は動的に生成されるので、ダイレクト URL ではなく、テキスト検索が必要です。

  2. 並列ジョブの最大数」フィールドで、目的の値に数値を変更します。

    デフォルトでは、並列ジョブの最大数は、使用可能な CPU コア数によって異なります。例えば、4 コアサーバーでは、2 つの作業スレッドが割り当てられます。(0.0~1.0 の値は比率ベースです。1 より大きい場合は作業スレッドが割り当てられます)。

    ほとんどの事例では、デフォルト設定の 0.5 で十分です。

    chlimage_1-1

  3. 保存」をタップします。

Scene7 アップロード接続の更新

Scene7アップロード接続設定は、Experience ManagerアセットをDynamic Media Classicサーバーに同期します。

Scene7 アップロード接続を更新するには::

  1. https://<server>/system/console/configMgr/com.day.cq.dam.scene7.impl.Scene7UploadServiceImpl に移動します。

  2. 「Number of connections」フィールドおよび「Active job timeout」フィールドで、必要に応じて数値を変更します。

    Number of connections 」設定は、Dynamic MediaのアップロードにExperience ManagerできるHTTP接続の最大数を制御します。通常、事前定義された10個の接続の値で十分です。

    Active job timeout」設定は、アップロードされた Dynamic Media アセットが配信サーバーで公開されるまでの待機時間を決定します。デフォルトでは、この値は 2100 秒または 35 分です。

    ほとんどの事例では、2100 の設定で十分です。

    chlimage_1-2

  3. 保存」をタップします。

(オプション)レプリケーション用のアセットのフィルタリング

Dynamic Media以外のデプロイメントでは、すべての​アセット(画像とビデオの両方)をExperience Managerオーサー環境からExperience Managerパブリッシュノードにレプリケートします。 アセットはパブリッシュサーバーによってExperience Managerも配信されるので、このワークフローが必要です。

ただし、Dynamic Mediaデプロイメントでは、アセットはCloud Service経由で配信されるので、同じアセットをExperience Managerのパブリッシュノードにレプリケートする必要はありません。 このような「ハイブリッド公開」ワークフローでは、余分なストレージコストと、アセットをレプリケートするための処理時間が長くなるのを防ぎます。 サイトページなどのその他のコンテンツは、引き続き「パブリッシュExperience Manager」ノードから提供されます。

フィルターを使用すると、Experience Managerのパブリッシュノードにアセットをレプリケート​除外​できます。

レプリケーションへのデフォルトのアセットフィルターの使用

Dynamic Mediaを画像やビデオ、またはその両方に使用している場合は、Adobeがそのまま提供するデフォルトのフィルターを使用できます。 次のフィルターがデフォルトでアクティブです。

フィルター MIME タイプ レンディション
ダイナミックメディア画像配信

filter-images

filter-sets

image/ で始まる

application/ を含み、set で終わる

標準提供の「filter-images」(インタラクティブな画像などの単一の画像アセットに適用)および「filter-sets」(スピンセット、画像セット、混在メディアセットおよびカルーセルセット)では、次のようになります。
  • オリジナル画像と静的画像レンディションがレプリケーションから除外されます。
ダイナミックメディアビデオ配信 filter-video video/ で始まる 標準提供の「filter-video」では、次のようになります。
  • 元のビデオと静的なサムネールのレンディションをレプリケーションから除外します。

メモ

フィルターはMIMEタイプに適用され、パス固有にすることはできません。

レプリケーション用のアセットフィルターのカスタマイズ

  1. Experience Managerで、Experience Managerのロゴをタップしてグローバルナビゲーションコンソールにアクセスし、ツール​アイコンをタップして、一般/CRXDE Lite​に移動します。

  2. 左側のフォルダーツリーで、/etc/replication/agents.author/publish/jcr:content/damRenditionFiltersに移動してフィルターを確認します。

    chlimage_1-2

  3. フィルターの MIME タイプを定義するために、次のように MIME タイプを特定することができます。

    左側のレールで、 content / dam / [!UICONTROL locate_your_asset] / jcr:content / metadata​を展開し、右側のテーブルで​dc:dcを探します.

    次の図は、あるアセットの dc:format へのパスの例を示しています。

    chlimage_1-3

    アセットFiji Red.jpgdc:formatimage/jpegです。

    このフィルターをすべての画像に適用するには、形式に関係なく、値をimage/*に設定します。*は、任意の形式のすべての画像に適用される正規表現です。

    フィルターをJPEGタイプの画像にのみ適用するには、値image/jpegを入力します。

  4. レプリケーションに含める、またはレンディションから除外するレンディションを定義します。

    レプリケーション用のフィルターに使用できる文字は次のとおりです。

    使用する文字 レプリケーション用のアセットのフィルター方法
    * ワイルドカード文字
    + レプリケーション用にアセットを含める
    - レプリケーションからアセットを除外する

    content/dam/<locate your asset>/jcr:content/renditions​に移動します。

    次の図は、あるアセットのレンディションの例を示しています。

    chlimage_1-4

    オリジナルを複製するだけの場合は、+originalと入力します。

このページ