基本的なアセット管理での Media Library の使用

Adobe Experience Manager プラットフォームには、アセットを管理するための様々な機能が用意されています。Media Library を使用すると、少数のアセットをリポジトリーにアップロードし、Web ページで検索して使用し、アセットに対して簡単なアセット管理タスクを実行できます。

Media Library は、Adobe Experience Manager Sites ライセンスを補完する軽量のデジタルアセット管理(DAM)ソリューションです。Sites は、Web コンテンツ管理(WCM)ソリューションです。Media Library は、Experience Manager のすべての機能と連携します。

Adobe Experience Manager Assets ライセンスは別途購入可能です。Experience Manager Assets では、エンタープライズのユースケースを介したアセットの堅牢な処理、メタデータ、スキーマ、検索、ユーザーインターフェイスのカスタマイズなど、Media Library が提供する機能以外の様々な機能を利用できます。

ライセンス要件

Sites ライセンスがあれば、Media Library を使用することができます。Experience Manager のすべてのコンポーネントで機能します。

Media Library は Sites の一部としてインストールされます。Sites のライセンスとインストール以外に、追加のライセンスやパッケージは必要ありません。

Assets と Media Library

Experience Manager Assets は、エンタープライズグレードの DAM 機能を提供します。Assets の機能は、Experience Manager と共に 1 つのパッケージで提供されます。ただし、Assets ライセンスを購入していないユーザーは、高度な DAM 機能を使用する権利はありません。Assets ライセンスがない場合、Media Library 機能のみ使用できます。

ライセンスを所有していない Assets 機能を意図せずに使用することを防ぐには、Assets 固有のワークフロー、コンポーネント、分類、オプションおよび Assets 管理を Experience Manager からすべて削除します。これによって、ユーザーがライセンスのない Assets の機能を誤って使用することを防ぐことができます。

Media Library の使用

Media Library では、次のユースケースをカバーしています。

  • Adobe Experience Manager Sites を使用して作成した Web ページに対して、基本的な DAM 機能を提供します。
  • Adobe Experience Manager Forms を使用して作成されたアダプティブフォームと通信
  • Adobe Experience Manager Screens を使用して作成されたデジタルスクリーンエクスペリエンス
  • ヘッドレス操作用の Assets HTTP REST API

Media Library 機能を使用するには、デフォルトの Experience Manager ユーザーインターフェイスを使用できます。Media Library は Experience Manager Sites インストールに含まれており、別のインターフェイスやアドオンは必要ありません。Media Library ユーザーは、既存のインターフェイスを使用して、次のタスクを実行できます。

  • アセットを整理するフォルダーの作成
  • アセットのアップロード
  • アセットの公開
  • アセットの編集、移動、およびコピー
  • アセットの参照、フィルタリング、および検索(類似性検索を含む)
  • メタデータフィールドの値の追加および編集(デフォルトでは、アセットのプロパティページの「基本」タブで使用できる「スマートタグ」フィールドを除く)
  • 静的レンディションの追加および削除
  • フォルダー、アセット、アセットレンディションのダウンロード
  • アセットバージョンの作成
  • アセットに対するレビュータスクの作成および実行
  • アセットへの注釈を付け
  • コンテンツファインダーを使用した Sites ページへのアセットの追加
  • Content Fragments の使用
  • Sites ライセンスで、Content Fragments および参照されているメディアアセットに HTTP REST および GraphQL API を使用します。
  • Marketing Cloud 統合.
  • アセット管理ユーザーインターフェイスのカスタマイズと拡張。
  • クエリビルダー (API) にアクセスして検索機能を拡張します。
  • 静的タグを作成します。
  • プロジェクトとタスクの作成
  • アクティビティストリーム(タイムライン)。
  • コメントと注釈。
重要

DAM の高度なユースケースの多くは、Experience Manager Assets で処理されます。Media Library ライセンスでは、Media Library を使用して、記載されているユースケースのみを実行することができます。ユースケースがリストに表示されていない場合は、Media Library ライセンスで使用しないでください。質問がある場合は、Adobeカスタマーサポートにお問い合わせください。

Assets ライセンスのないMedia Libraryにアクセスするには、スマートタグ、Asset リンク、Asset セレクター、一括タグ付け、アセットワークフローの変更、標準の Adobe Experience Manager ユーザーインターフェイスを使用できません。

このページ