Apache Tikaを使用してデジタルアセットのMIMEタイプを検出

通常、Adobe Experience Manager(AEM) Assetsは、ファイルの拡張子からアップロードするアセットのMIMEタイプを検出します。 Apache Tika を使用してアセットをアップロードすると、AEM Assets は、アセットの MIME タイプをファイル拡張子ではなくコンテンツストリームから、アップロード操作中に検出します。

この機能はデフォルトでは無効になっています。この機能を有効にするには、Configuration Managerから​Day CQ DAM Mime Type​サービスを設定します。

メモ

Apache Tikaライブラリを使用したMIMEタイプの検出は、リソースを大量に消費する操作です。

  1. https://[AEM_server]:[port]/system/console/configMgrに移動し、Configuration Manager Webコンソールを開きます。

  2. サービスのリストから、「Day CQ DAM MIME Type Service」を探し、横の「Edit」アイコンをタップまたはクリックして、編集モードで開きます。

  3. コンテンツ​からMIMEを検出する」オプションを選択すると、アップロードされたアセットの解析を有効にして、ファイル拡張子を無視してMIMEタイプを決定できます。 デフォルトでは、このオプションはオフになっています。

    chlimage_1-333

  4. 保存」をクリックまたはタップして、変更を保存します。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free