Apache Tikaを使用してデジタルアセットのMIMEタイプを検出

通常、Adobe Experience Manager(AEM) Assetsは、ファイルの拡張子からアップロードするアセットのMIMEタイプを検出します。 Apache Tika を使用してアセットをアップロードすると、AEM Assets は、アセットの MIME タイプをファイル拡張子ではなくコンテンツストリームから、アップロード操作中に検出します。

この機能はデフォルトでは無効になっています。この機能を有効にするには、Configuration Managerから​Day CQ DAM Mime Type​サービスを設定します。

メモ

Apache Tikaライブラリを使用したMIMEタイプの検出は、リソースを大量に消費する操作です。

  1. https://[AEM_server]:[port]/system/console/configMgrに移動し、Configuration Manager Webコンソールを開きます。

  2. サービスのリストから、「Day CQ DAM MIME Type Service」を探し、横の「Edit」アイコンをタップまたはクリックして、編集モードで開きます。

  3. コンテンツ​からMIMEを検出する」オプションを選択すると、アップロードされたアセットの解析を有効にして、ファイル拡張子を無視してMIMEタイプを決定できます。 デフォルトでは、このオプションはオフになっています。

    chlimage_1-333

  4. 保存」をクリックまたはタップして、変更を保存します。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now