イメージCamera Rawの処理に使用

CR2、NEF、RAFなどの生のファイル形式を処理し、Camera Raw画像をJPEG形式でレンダリングするためのサポートを有効にすることができます。 この機能は、Software DistributionのパッケージCamera Rawを使用して、Adobe Experience Managerアセットでサポートされます。

メモ

この機能は JPEG レンディションのみをサポートします。Windows 64ビット、Mac OS、およびRHEL 7.xでサポートされています。

Adobe Experience ManagerアセットのCamera Rawサポートを有効にするには、次の手順に従います。

  1. パッケージCamera RawをSoftware Distributionからダウンロードします。

  2. https://[aem_server]:[port]/workflow にアクセスします。DAM Update Asset​ワークフローを開きます。

  3. サムネールを処理​の手順を開きます。

  4. サムネール」タブで次の設定を指定します。

    • サムネール: 140:100:false, 48:48:false, 319:319:false
    • スキップ MIME タイプ: skip:image/dng, skip:image/x-raw-(.*)

    小粒

  5. Web対応のリスト」タブの「画像をスキップ」フィールドで、audio/mpeg, video/(.*), image/dng, image/x-raw-(.*)を指定します。

    小粒

  6. サイドパネルから、サムネールCamera Rawの作成​の手順の下に​/DNGハンドラー​の手順を追加します。

  7. Camera Raw/DNGハンドラー​の手順で、「引数」タブに次の設定を追加します。

    • MIMEタイプ: image/dngimage/x-raw-(.*)

    • コマンド:

      • DAM_Raw_Converter ${directory}/${filename} ${directory} cq5dam.web.1280.1280.jpeg 1280 1280
      • DAM_Raw_Converter ${directory}/${filename} ${directory} cq5dam.thumbnail.319.319.jpeg 319 319
      • DAM_Raw_Converter ${directory}/${filename} ${directory} cq5dam.thumbnail.140.100.jpeg 140 100
      • DAM_Raw_Converter ${directory}/${filename} ${directory} cq5dam.thumbnail.48.48.jpeg 48 48

    chlimage_1-336

  8. 保存」をクリックします。

メモ

上記の設定が Camera RAW および DNG 処理ステップによるサンプルの DAM 更新アセット​設定と同じであることを確認してください。

これで、Camera Raw ファイルを AEM Assets に読み込むことができます。パッケージをインストールしCamera Rawて必要なワークフローを設定すると、サイドパネルのリストに「画像の調整」オプションが表示されます。

chlimage_1-337

図:サイドペインのオプション

chlimage_1-338

図:このオプションを使用して、画像に軽量な編集を行います

Camera Raw 画像に対する編集を保存すると、その画像に対して、新しいレンディション「AdjustedPreview.jpg」が生成されます。Camera Raw 以外の画像タイプの場合は、変更内容がすべてのレンディションに反映されます。

ベストプラクティス、既知の問題、および制限

この機能には次の制限があります。

  • この機能は JPEG レンディションのみをサポートします。これは、Windows 64 ビット、Mac OS および RHEL 7.x でサポートされます。
  • メタデータの書き戻しは、RAW および DNG 形式ではサポートされていません。
  • Camera Raw ライブラリには、一度に処理できる合計ピクセルに関する制限があります。現在、ファイルの長辺で最大65,000ピクセル、または最初に検出される条件に合わせて512 MPで処理できます。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now