アセットテンプレート

最終更新日: 2023-05-04
  • 作成対象:
  • User
注意

AEM 6.4 の拡張サポートは終了し、このドキュメントは更新されなくなりました。 詳細は、 技術サポート期間. サポートされているバージョンを見つける ここ.

アセットテンプレートは、デジタルメディアとプリントメディアの視覚的にリッチなコンテンツをすばやく再利用するための、アセットの特別なクラスです。アセットテンプレートには、固定メッセージセクションと編集可能セクションの 2 つの部分があります。

固定メッセージセクションには、編集できないブランドロゴや著作権情報など、独自のコンテンツを含めることができます。編集可能セクションには、編集可能なフィールドに視覚的コンテンツやテキストコンテンツを含めて、メッセージをカスタマイズできます。

グローバルな署名を保護しながら限定的な編集をおこなう柔軟性により、様々な機能のコンテンツアーティファクトとして、コンテンツの適応と配布を迅速におこなうための、アセットテンプレートの最適な構築ブロックが作成されます。 コンテンツを転用することで、印刷チャネルとデジタルチャネルの管理コストを削減し、それらのチャネルをまたいで総合的で一貫性のあるエクスペリエンスを提供できます。

マーケターは、 Experience Manager アセットを作成し、単一の基本テンプレートを使用して、パーソナライズされた複数の印刷エクスペリエンスを簡単に作成できます。 パンフレット、チラシ、はがき、名刺など、様々なタイプのマーケティング素材を作成して、マーケティングメッセージを顧客にわかりやすく伝えることができます。また、既存または新規の印刷出力から複数ページの印刷出力を組み立てることもできます。 特に、デジタルエクスペリエンスと印刷エクスペリエンスの両方を簡単に同時に提供し、ユーザーに一貫性のある統合されたエクスペリエンスを提供できます。

アセットテンプレートはほとんどがInDesignファイルですが、InDesignに精通することは、素晴らしいアーティファクトを作成する上での障壁とはなりません。 カタログを作成する際に必要なInDesignフィールドに、製品テンプレートのフィールドをマッピングする必要はありません。 Web インターフェイス上で直接、WYSIWYG モードでテンプレートを編集できます。ただし、InDesignが編集上の変更を処理するには、最初に Experience Manager アセットサーバーと統合するInDesign。

Web インターフェイスからInDesignテンプレートを編集できるので、クリエイティブ担当者とマーケティング担当者のコラボレーションが促進され、ローカルプロモーションイニシアチブの市場投入までの時間が短縮されます。

アセットテンプレートを使用して、次の操作を実行できます。

  • Web インターフェイスから編集可能なテンプレートフィールドを変更する
  • タグレベルでのフォントサイズ、スタイル、タイプなど、テキストの基本的なスタイルを制御する
  • コンテンツピッカーを使用したテンプレート内の画像の変更
  • テンプレート編集のプレビュー
  • 複数のテンプレートファイルを結合して複数ページのアーティファクトを作成する

販促物のテンプレートを選択すると、Assets は編集可能なテンプレートのコピーを作成します。元のテンプレートは保持されるので、全体的な表記はそのままの状態で残り、再利用してブランドの一貫性を確保できます。

親フォルダー内の更新されたファイルは、次の形式で書き出すことができます。

  • INDD
  • PDF
  • JPG

また、これらの形式の出力をローカルシステムにダウンロードすることもできます。

販促物の作成

今後のキャンペーンでパンフレット、チラシ、広告などのデジタル印刷可能な販促物を作成し、世界中のアウトレットストアと共有するシナリオを考えてみましょう。 テンプレートに基づいて販促物を作成すると、チャネルをまたいで統合されたカスタマーエクスペリエンスを提供できます。 デザイナーは、InDesignなどのクリエイティブソリューションを使用してキャンペーンテンプレート(単一ページまたは複数ページ)を作成し、次の場所にテンプレートをアップロードできます。 Assets あなたのために。 販促物を作成する前に、1 つ以上の INDD テンプレートをにアップロードし、事前にExperience Managerで使用できます。

  1. 次をクリック: Experience Manager ロゴをクリックし、 Assets をクリックします。

  2. オプションから、「テンプレート」を選択します。

    chlimage_1-306

  3. クリックまたはタップ 作成​をクリックし、メニューから作成する販促物を選択します。 例えば、「パンフレット」を選択します。

    chlimage_1-307

  4. 1 つ以上の INDD テンプレートをにアップロードし、事前にExperience Managerで使用できます。 パンフレットのテンプレートを選択し、クリックまたはタップします。 次へ.

    chlimage_1-308

  5. パンフレットの名前と、オプションで説明を指定します。

    chlimage_1-309

  6. (オプション) タグ 横のアイコン タグ フィールドで、パンフレットのタグを 1 つ以上選択します。 クリックまたはタップ 確認 をクリックして選択を確定します。

    chlimage_1-310

  7. 作成」をクリックします。新しいパンフレットが作成されたことを確認するダイアログが表示されます。 クリックまたはタップ 開く パンフレットを編集モードで開きます。

    chlimage_1-311

    または、ダイアログを閉じて、最初に使用したテンプレートページのフォルダーに移動し、作成したパンフレットを表示します。 販促物のタイプは、カード表示のサムネールに表示されます。 例えば、この場合、パンフレットがサムネールに表示されます。

    chlimage_1-312

販促物の編集

販促物を作成したら、すぐに編集できます。または、テンプレートページやアセットページから開きます。

  1. 販促物を編集するために開くには、次のいずれかの操作をおこないます。

    • の手順 7 で作成した販促物(この場合はパンフレット)を開きます。 販促物の作成.
    • テンプレートページで、販促物を作成したフォルダーに移動し、販促物のサムネール上の「編集」クイックアクションをクリックまたはタップします。
    • 販促物のアセットページで、ツールバーの「編集」アイコンをクリックまたはタップします。
    • 販促物を選択し、ツールバーの「編集」アイコンをクリックまたはタップします。

    chlimage_1-313

    アセットファインダーとテキストエディターがページの左側に表示されます。デフォルトで、テキストエディターが開きます。

    テキストエディターを使用して、テキストフィールドに表示するテキストを変更できます。 タグレベルでフォントサイズ、スタイル、色、および種類を変更できます。

    アセットファインダーを使用して、Assets内の画像を参照するか検索し、テンプレート内の編集可能な画像を、選択した画像に置き換えることができます。

    chlimage_1-314

    編集可能な画像は右側に表示されます。フィールドを編集可能にする Assets、テンプレート内の対応するフィールドは、InDesignでタグ付けする必要があります。 つまり、編集可能としてInDesignする必要があります。

    chlimage_1-315

    メモ

    次を確認します。 Experience Manager インスタンスがInDesignサーバーと統合され、 Assets を使用して、InDesignテンプレートからデータを抽出し、編集可能にします。 詳しくは、 統合 Assets InDesign Server.

  2. 編集可能フィールドのテキストを変更するには、編集可能フィールドのリストでテキストフィールドをクリックまたはタップし、「 」フィールドのテキストを編集します。

    chlimage_1-316

    表示されるオプションを使用して、フォントスタイル、色、サイズなどのテキストプロパティを編集できます。

  3. 次をクリックまたはタップします。 プレビュー アイコンを使用して、テキストの変更をプレビューします。

    chlimage_1-317

  4. 画像をスワップするには、 アセットファインダー アイコン

    chlimage_1-318

  5. 編集可能なフィールドのリストから画像フィールドを選択して、アセットピッカーから編集可能なフィールドに目的の画像をドラッグします。

    chlimage_1-319

    また、キーワード、タグ、公開ステータスに基づいて画像を検索できます。Assetsリポジトリを参照して、目的の画像の場所に移動できます。

    chlimage_1-320

  6. 次をクリックまたはタップします。 プレビュー アイコンをクリックして、画像をプレビューします。

    chlimage_1-321

  7. 複数ページの販促物の特定のページを編集するには、下部のページナビゲーターを使用します。

    chlimage_1-322

  8. 次をクリックまたはタップします。 プレビュー アイコンを使用して、すべての変更をプレビューします。 クリックまたはタップ 完了 販促物に対する編集の変更を保存します。

    メモ

    「プレビュー」アイコンと「完了」アイコンは、販促物内の編集可能な画像フィールドに見つからないアイコンがない場合にのみ有効になります。 販促物に見つからないアイコンがある場合は、 Experience Manager は、画像テンプレート内の画像を解決できませんInDesign。 通常、 Experience Manager は次の場合に画像を解決できません。

    • 画像は、基になるテンプレートテンプレートに埋め込まれませんInDesign
    • 画像はローカルファイルシステムからリンクされます

    Experience Manager で画像分解できるようにするには、次のようにします。

    • 画像テンプレートの作成時にInDesignを埋め込む ( リンクと埋め込みグラフィックについて) をクリックします。
    • マウント Experience Manager をローカルファイルシステムに追加し、見つからないアイコンを既存の Experience Manager アセット。

    InDesignドキュメントの操作について詳しくは、 でInDesignドキュメントを操作する際のベストプラクティス Experience Manager.

  9. パンフレットのPDFレンディションを生成するには、ダイアログで「 Acrobat 」オプションを選択し、 続行.

  10. 販促物が、最初に使用したフォルダーに作成されます。 レンディションを表示するには、販促物を開き、 レンディション グローバルナビゲーションリストから

    chlimage_1-323

  11. レンディションのリストでPDFレンディションをクリックまたはタップして、PDFファイルをダウンロードします。 PDF ファイルを開いて、販促物を確認します。

    chlimage_1-324

販促物のマージ

  1. クリックまたはタップ ツール/アセット.

  2. オプションから、「テンプレート」を選択します。

  3. クリックまたはタップ 作成 そして選択者 結合 を選択します。

    chlimage_1-325

  4. テンプレートの結合ページで、「結合」アイコンをクリックまたはタップします。

    chlimage_1-326

  5. 結合する販促物の場所に移動し、結合する販促物のサムネールをクリックまたはタップして選択します。

    chlimage_1-327

    オムニサーチボックスからテンプレートを検索することもできます。

    chlimage_1-328

    Assets リポジトリーまたはコレクションを参照して、目的のテンプレートの場所に移動してから、統合するテンプレートを選択できます。

    chlimage_1-329

    様々なフィルターを適用して、目的のテンプレートを検索できます。 例えば、ファイルタイプまたはタグに基づいてテンプレートを検索できます。

    chlimage_1-330

  6. クリックまたはタップ 次へ をクリックします。

  7. プレビューと並べ替え​画面で、必要に応じてテンプレートを再配置し、統合するために選択したテンプレートをプレビューします。次に、「 次へ をクリックします。

    chlimage_1-331

  8. テンプレートの設定画面で、販促物の名前を指定します。オプションで、適切なタグを指定します。出力をPDF形式で書き出す場合は、 Acrobat (.PDF) オプション。 デフォルトでは、販促物はJPGおよびInDesign形式でエクスポートされます。 複数ページの販促物の表示サムネールを変更するには、 サムネールを変更.

    chlimage_1-332

  9. クリックまたはタップ 保存 その後、クリックまたはタップします。 OK ダイアログを閉じます。 複数ページの販促物が、開始したフォルダーに作成されます。

    メモ

    統合された販促物を後で編集したり、他の販促物を作成するために使用したりすることはできません。

このページ