アセットレポート

アセットレポートを使用すると、 Adobe Experience Manager Assets デプロイメントのユーティリティを評価できます。Assets を使用すると、デジタルアセットに関する様々なレポートを生成できます。レポートでは、システムの使用状況、ユーザーによるアセットの操作方法、ダウンロードされたアセットや共有されているアセットなどに関する有用な情報が提供されます。

レポートの情報を使用して重要な成功指標を導き出し、企業やお客様における Assets の採用状況を測定することができます。

Assets のレポートフレームワークでは、Sling ジョブを利用して、レポートの要求が順序立てて非同期的に処理されます。このフレームワークは大規模なリポジトリに合わせて拡張することができます。レポートの非同期処理により、レポートを生成する際の効率性とスピードが向上します。

直観的なレポート管理インターフェイスに備わっているきめ細かなオプションやコントロールを使用すれば、アーカイブされたレポートにアクセスしたり、レポートの実行ステータス(成功、失敗および待機中)を表示したりすることができます。

レポートが生成されると、電子メール(オプション)とインボックスで通知を受け取ります。それまでに生成されたすべてのレポートが示されるレポートリストページで、レポートの表示、ダウンロードまたは削除をおこなうことができます。

前提条件

レポートを生成するには、次の事項を確認します。

  • ツール/操作/Webコンソール​から日CQ DAMイベントレコーダーサービスを有効にします。
  • レポートするアクティビティまたはイベントを選択します。 例えば、ダウンロードしたアセットに関するレポートを生成するには、「ダウンロードしたアセット(DOWNLOADED)」を選択します。

Webコンソールでアセットレポートを有効にする

レポートの生成

Experience Manager Assets では、次の標準レポートが生成されます。

  • アップロード
  • ダウンロード
  • 有効期限
  • 変更
  • 公開
  • Brand Portal publish
  • ディスク使用量
  • ファイル
  • リンク共有

Adobe Experience Manager 管理者は、これらのレポートを手軽に生成し、実装に合わせて容易にカスタマイズできます。レポートを生成するには、以下の手順に従います。

  1. Experience Manager インターフェイスで、ツールアセットレポート​をクリックします。

    アセットレポートに移動するツールページ

  2. アセットレポートページで、ツールバーの「作成」をクリックします。

  3. レポートを作成ページ​から、作成するレポートを選択し、「次へ」をクリックします。

    レポートタイプの選択

    メモ

    デフォルトでは、コンテンツフラグメントとリンク共有は、アセットダウンロード済みレポートに含まれます。 適切なオプションを選択して、リンク共有のレポートを作成するか、ダウンロードレポートからコンテンツフラグメントを除外します。

    メモ

    ダウンロードレポートには、個別に選択され、クイックアクションを使用してダウンロードまたはダウンロードされたアセットの詳細のみが表示されます。 ただし、ダウンロードされたフォルダー内にあったアセットの詳細は含まれません。

  4. タイトル、説明、サムネール、CRX リポジトリ内のフォルダーパス(レポートの保存場所)など、レポートの詳細を設定します。デフォルトでは、フォルダーパスは /content/dam です。別のパスを指定することもできます。

    レポートの詳細を追加するページ

    レポートの日付範囲を選択します。

    レポートを今すぐ生成するか、将来の日時に生成するかを選択できます。

    メモ

    レポートを後で生成するようにスケジュールする場合は必ず、「日付」フィールドと「時間」フィールドで日時を指定してください。値を指定しなかった場合、レポートエンジンはそのレポートをすぐに生成するものとして取り扱います。

    設定フィールドは、作成するレポートのタイプによって異なることがあります。例えば、「ディスク使用量」レポートには、アセットが使用しているディスク領域を計算する際にアセットレンディションを含めるオプションが用意されています。ディスク使用量を計算する際にサブフォルダー内のアセットを含めるか除外するかを選択することもできます。

    メモ

    ディスク使用量」レポートには、現在のディスク領域使用量のみが示されます。そのため、日付範囲のフィールドはありません。

    ディスク使用量レポートの詳細ページ

    ファイル」レポートを作成する場合は、サブフォルダーを含めるか除外するかを選択できます。ただし、このレポートの場合、アセットレンディションを含めることはできません。

    ファイルレポートの詳細ページ

    リンク共有」レポートには、Assets 内から外部ユーザーと共有されているアセットへの URL が表示されます。アセットを共有したユーザーの電子メール ID、アセットを共有しているユーザーの電子メール ID、共有の日付、リンクの有効期限なども表示されます。列をカスタマイズすることはできません。

    リンク共有」レポートでは、/var/dam/share に表示される共有 URL が公開されるだけです。そのため、サブフォルダーやレンディションに関するオプションは用意されていません。

    リンク共有レポートの詳細ページ

  5. ツールバーから「次へ」をクリックします。

  6. 列を構成​ページでは、いくつかの列がデフォルトでレポートに表示されるように選択されています。追加の列を選択できます。選択されている列の選択を解除すると、その列はレポートから除外されます。

    レポート列の選択または選択解除

    カスタムの列名やプロパティパスを表示するには、CRX のノード下のアセットバイナリのプロパティを設定します。jcr:contentまたは、プロパティパスピッカーを使用してパスを追加します。

    レポート列の選択または選択解除

  7. ツールバーから「作成」をクリックします。レポートの生成が開始されたことを通知するメッセージが表示されます。

  8. アセットレポートページのレポート生成ステータスはジョブの現在の状態(「成功」「失敗」「キューに追加済み」、「スケジュール済み」など)に基づきます。通知インボックスにも同じステータスが表示されます。レポートページを表示するには、レポートのリンクをクリックします。または、レポートを選択し、ツールバーの「表示」をクリックします。

    生成されたレポート

    ツールバーの「ダウンロード」をクリックすると、レポートを CSV 形式でダウンロードできます。

カスタム列の追加

次のレポートにカスタム列を追加し、独自の要件に応じてさらに多くのデータを表示することができます。

  • アップロード
  • ダウンロード
  • 有効期限
  • 変更
  • 公開
  • Brand Portal publish
  • ファイル

これらのレポートにカスタム列を追加するには、次の手順に従います。

  1. Manager interface で、 ツールアセットレポート​をクリックします 。

  2. アセットレポートページで、ツールバーの「作成」をクリックします。

  3. レポートを作成​ページで、作成するレポートを選択し、「次へ」をクリックします。

  4. タイトル、説明、サムネール、フォルダーパス、期間など、該当するレポートの詳細を設定します。

  5. カスタム列を表示するには、「カスタム列」で列の名前を指定します。

    レポートのカスタム列の名前を指定

  6. プロパティパスピッカーを使用して、CRXDE の jcr:content ノード下にプロパティパスを追加します。または、プロパティパスフィールドにパスを入力します。

    jcr:content 内のパスからプロパティパスをマップします。

    または、プロパティパスフィールドにパスを入力します。

    property_path

    カスタム列をさらに追加するには、「追加」をクリックし、手順 5 および 6 を繰り返します。

  7. ツールバーから「作成」をクリックします。レポートの生成が開始されたことを通知するメッセージが表示されます。

パージサービスの設定

不要になったレポートを削除するには、数量や経過日数に基づいて既存のレポートをパージするように、Web コンソールで DAM レポートパージサービスを設定します。

  1. https://[aem_server]:[port]/system/console/configMgr で Web コンソール(設定マネージャー)にアクセスします。
  2. DAM Report Purge Service」設定を開きます。
  3. scheduler.expression.name フィールドでパージサービスの頻度(時間間隔)を指定します。レポートの経過日数および数量のしきい値を設定することもできます。
  4. 変更内容を保存します。

このページ