インストール時の admin パスワードの設定

概要

バージョン 6.3 以降の AEM では、新しいインスタンスのインストール時にコマンドラインを使用して admin パスワードを設定できます。

それ以前のバージョンの AEM では、admin アカウントのパスワードと各種コンソールのパスワードをインストール終了後に変更する必要がありました。

この機能により、AEM インスタンスのインストール時にリポジトリおよび Servlet Engine 用の新しい admin パスワードを設定できるようになり、後で手動で設定する必要がなくなりました。

注意

ただし、この機能は Felix コンソールには対応しておらず、このコンソールのパスワードについては手動で変更する必要があります。詳しくは、関連するセキュリティチェックリストの節を参照してください。

使用方法

この機能は、ファイルシステムエクスプローラーで JAR をダブルクリックする代わりに、コマンドラインから AEM をインストールする場合に自動的にトリガーされます。

コマンドラインから AEM インスタンスを実行するための一般的な構文は次のとおりです。

java -jar aem6.3.jar

コマンドラインからインスタンスを実行する際には、インストールプロセスの途中で admin パスワードの変更オプションが提示されます。

chlimage_1-116

メモ

admin パスワードの変更を求めるメッセージは、新しい AEM インスタンスのインストール時にのみ表示されます。

-nointeractive フラグの使用

プロパティファイルでパスワードを指定することもできます。これは、-Dadmin.password.fileシステムプロパティと組み合わせた-nointeractiveフラグを使用して行います。

次に例を示します。

java -Dadmin.password.file =/path/to/passwordfile.properties -jar aem6.3.jar -nointeractive

passwordfile.properties ファイル内のパスワードの書式は次のようにする必要があります。

admin.password = 12345678
メモ

-Dadmin.password.fileシステムプロパティを指定せずに-nointeractiveパラメーターを使用すると、AEMは、変更を求めることなくデフォルトの管理者パスワードを使用し、基本的に以前のバージョンの動作を複製します。 インストールスクリプトのコマンドラインでこの非インタラクティブモードを使用して、インストールを自動化できます。

このページ