ビデオコンポーネントの設定

ビデオコンポーネントを使用すると、事前定義済みのOOTB(標準搭載)ビデオ要素をページに配置できます。

トランスコードを適切に行うには、管理者がFmpegをインストールし、AEMを個別に設定する必要があります。 HTML5 要素と共に使用するためにビデオプロファイルを設定することもできます。

注意

このコンポーネントは、プロジェクトレベルのカスタマイズが必要な場合に、すぐに使用できる機能とは限りません。

ビデオプロファイルの設定

HTML5 要素に使用するビデオプロファイルの定義が必要になる場合があります。ここで選択したものは順番に使用されます。アクセスするには、デザインモード(クラシック UI のみ)を使用して「プロファイル」タブを選択します。

chlimage_1-317

また、再生、Flashおよび高度なのビデオコンポーネントとパラメーターのデザインを設定することもできます。

FFmpegをインストールし、AEMを設定

このビデオコンポーネントは、https://ffmpeg.org/からダウンロードできるビデオの適切なトランスコードに、サードパーティのオープンソース製品Fmpegを使用します。 FFmpegをインストールした後、特定のオーディオコーデックと特定のランタイムオプションを使用するようにAEMを設定する必要があります。

お使いのプラットフォーム用にFFmpegをインストールするには:

  • Windows の場合:

    1. ffmpeg.zip というコンパイル済みバイナリをダウンロードします。
    2. フォルダーに解凍します。
    3. システム環境変数PATH<*your-ffmpeg-locatio*n>\binに設定します
    4. AEM を再起動します。
  • Mac OS X:

    1. Xcodeのインストール(https://developer.apple.com/technologies/tools/xcode.html)

    2. XQuartz/X11 をインストールします。

    3. MacPortsのインストール(https://www.macports.org/)

    4. コンソールで次のコマンドを実行し、指示に従います。

      sudo port install ffmpeg

      FFmpeg は、AEMがコマンドラインを使用して取得でき PATH るように、に含まれている必要があります。

  • OS X 10.6 用のコンパイル済みバージョンの使用:

    1. コンパイル済みバージョンをダウンロードします。

    2. /usr/localディレクトリに展開します。

    3. ターミナルから、次を実行します。

      sudo ln -s /usr/local/Cellar/ffmpeg/0.6/bin/ffmpeg /usr/bin/ffmpeg

AEMを設定するには:

  1. Web ブラウザーで CRXDE Lite を開きます。(http://localhost:4502/crx/de)

  2. /libs/settings/dam/video/format_aac/jcr:contentノードを選択し、ノードのプロパティが次のようになっていることを確認します。

    • audioCodec:

       aac
      
    • customArgs:

       -flags +loop -me_method umh -g 250 -qcomp 0.6 -qmin 10 -qmax 51 -qdiff 4 -bf 16 -b_strategy 1 -i_qfactor 0.71 -cmp chroma -subq 8 -me_range 16 -coder 1 -sc_threshold 40 -b-pyramid normal -wpredp 2 -mixed-refs 1 -8x8dct 1 -fast-pskip 1 -keyint_min 25 -refs 4 -trellis 1 -direct-pred 3 -partitions i8x8,i4x4,p8x8,b8x8
      
  3. 設定をカスタマイズするには、/apps/settings/ノードにオーバーレイを作成し、/conf/global/settings/ノードの下に同じ構造を移動します。 /libsノードでは編集できません。 例えば、パス/libs/settings/dam/video/fullhd-bpをオーバーレイするには、/conf/global/settings/dam/video/fullhd-bpに作成します。

    メモ

    変更が必要なプロパティだけでなく、プロファイルノード全体をオーバーレイ/編集してください。そのようなリソースは SlingResourceMerger 経由で解決されません。

  4. いずれかのプロパティを変更した場合は、「すべて保存」をクリックします。

メモ

AEMインスタンスをアップグレードする際、OOTBワークフローモデルは保持されません。 Adobeでは、OOTBワークフローモデルを編集する前に、そのモデルをコピーすることをお勧めします。 例えば、DAM更新アセットモデルのFmpegトランスコード手順を編集する前にOOTB DAM更新アセットモデルをコピーし、アップグレード前に存在したビデオプロファイル名を選択します。 次に、/appsノードをオーバーレイして、AEMがOOTBモデルに対するカスタム変更を取得できるようにします。

このページ