Bulk Editor

最終更新日: 2023-05-04
  • 作成対象:
  • Admin
注意

AEM 6.4 の拡張サポートは終了し、このドキュメントは更新されなくなりました。 詳細は、 技術サポート期間. サポートされているバージョンを見つける ここ.

Bulk Editor を使用すると、次の操作が可能なので、視覚的なページコンテキストが不要な場合に非常に効率的に編集できます。

  • 複数のページからコンテンツを検索(および表示)。これは GQL(Google Query Language)を使用して行います。
  • このコンテンツを Bulk Editor で直接編集。
  • 変更を(元のページに)保存。
  • このコンテンツをタブ区切り(.tsv)スプレッドシートファイルに書き出し。
メモ

コンテンツをリポジトリに読み込むこともできますが、デフォルトでは、ツール​コンソールで使用できる Bulk Editor では無効になっています。

ここでは、ツール​コンソールで Bulk Editor を操作する方法について説明します。通常、管理者は、Bulk Editor を使用して複数の項目を検索および編集します。これを行うには、GQL クエリを使用してテーブルに値を入力してから、作業対象のコンテンツ項目を選択します。作成者は通常、製品リストコンポーネントを使用してアクセス可能なカスタマイズされた Bulk Editor アプリケーションの一部として Bulk Editor を使用します。

注意

を使用 クラシック UI の廃止 AEM 6.4 では Bulk Editor も廃止されたので、Adobeは Bulk Editor をさらに強化する予定はありません。

Bulk Editor の使用例

例えば、特定の調査に回答したユーザーの名前と電子メールアドレスがすべて必要な場合は、その情報を Bulk Editor で提供し、スプレッドシートに書き出すことができます。

このような使用例を示す例をGeometrixxWeb サイトに記載します。

  1. 次に移動: サポート ページに移動してから、 カスタマーサービス満足度 調査。

  2. 編集フォームの開始 段落 ダイアログで、 詳細 タブ、展開 アクションの設定​を選択し、「 データの表示….

    customsurvey

  3. Bulk Editor は完全にカスタマイズ可能ですが、この例では、ユーザーはコンテンツの編集はできず、情報をスプレッドシートに書き出すことのみ可能です。

    bulkeditor

Bulk Editor の使用方法

Bulk Editor では、次の操作を実行できます。

コンテンツの検索と編集

Bulk Editor を使用して複数の項目を同時に編集するには:

  1. ツール コンソールで、 インポーター フォルダーを開いて展開します。
  2. 次をダブルクリックします。 バルクエディター をクリックして開きます。
  3. 選択要件を入力します。
フィールド プロパティ
ルートパス バルクエディターで検索するルートパスを示します(
例:/content/geometrixx/en)。バルクエディターはすべての子ノードを検索します。
クエリのパラメーター GQL パラメーターを使用して、リポジトリ内でバルクエディターが検索する検索文字列を入力します。例えば、「type:Page」と入力すると、ルートパス内のすべてのページを検索し、「text:professional」と入力すると、「professional」という単語が含まれているすべてのページを検索し、「"jcr:title":English」と入力すると、タイトルが「English」となっているすべてのページを検索します。文字列のみを検索できます。
「コンテンツモード」チェックボックス このチェックボックスをオンにして、 jcr:content 検索結果のサブノード(存在する場合)内のプロパティを読み取ります。ページにのみ使用します。プロパティ名の前には "jcr:content/"
プロパティ / 列 Bulk Editor で返すプロパティのチェックボックスをオンにします。 選択したプロパティは、結果ペインの列見出しです。 デフォルトでは、ノードパスが結果に表示されます。
カスタムプロパティ / 列 プロパティ/列」フィールドのリストにない他のプロパティを入力します。これらのカスタムプロパティは、結果ウィンドウに表示されます。複数のプロパティを追加する場合は、コンマでプロパティを区切ります。メモ:まだ存在していないカスタムプロパティを追加すると、AEM WCM には空白のセルが表示されます。空のセルを変更して保存すると、プロパティがノードに追加されます。 新しく作成されたプロパティは、ノードタイプの制約とプロパティの名前空間に従う必要があります。

次に例を示します。

searchfilter

  1. クリック 検索.結果が Bulk Editor に表示されます。

    上記の例では、検索条件を満たすすべてのページが返され、リクエストされた列と共に表示されます。

    chlimage_1-238

  2. 任意のセル内でダブルクリックして、必要な変更を行います。

    srchresultedit

  3. 保存」をクリックして変更を保存します(「保存」ボタンは、セルを編集後に有効になります)。

    注意

    ここで行った変更は、リポジトリコンテンツ(「パス」で参照されているページなど)に書き込まれます。

その他の GQL クエリパラメーター

  • path: このパスの下のノードのみを検索します。1 つの path プレフィックスで複数の用語を指定した場合は、最後の用語のみが考慮されます。
  • type: 指定したノードタイプのノードのみを返します。これには、primary や mixin などのタイプが含まれます。複数のノードタイプをコンマで区切って指定できます。GQL は、指定したいずれかのタイプに該当するノードを返します。
  • order:​指定したプロパティを基準として結果を並べます。複数のプロパティ名をコンマで区切って指定できます。結果を降順で並べるには、プロパティ名にマイナス記号のプレフィックスを付けます(例:order:-name)。プラス記号を使用すると、結果は昇順に戻ります。これはデフォルトでもあります。
  • limit: 間隔を使用して結果の数を制限します(例:limit:10…20)。間隔は 0 を基準とし、start はその値を含み、end はその値を含みません。開いた間隔を指定することもできます(例::limit:10…または limit:…20)。ドットを省略し、値を 1 つだけ指定した場合、GQL は最大でこの数の結果を返します。例:limit:10(最初の 10 件の結果を返します)

コンテンツの書き出し

場合によっては、コンテンツをエクスポートし、Excel スプレッドシートで変更する必要があります。 例えば、メーリングリストを書き出し、リストに表示されるすべての電話番号の市外局番を Excel で直接変更し、行を追加するなどの作業を行う場合があります。

コンテンツを書き出すには:

  1. コンテンツを検索します。詳しくは、 コンテンツの検索と編集.

  2. クリック 書き出し をクリックして、変更内容をタブ区切りの Excel スプレッドシートにエクスポートします。 AEM WCM が、ファイルをダウンロードする場所を尋ねます。

    メモ

    デフォルトでは、変更は Windows-1252 (CP-1252 とも呼ばれます)。 UTF-8 をチェックして、変更を UTF-8 で書き出すことができます。

    srchressultextport

  3. 場所を選択し、ファイルのダウンロードを確認します。

  4. ファイルをダウンロードしたら、Microsoft Excel などのスプレッドシートプログラムから開くことができます。 スプレッドシートプログラムはファイルを読み込み、スプレッドシート形式に変換します。

    exportinexcel

コンテンツの読み込み

デフォルトでは、バルクエディターを開くと、読み込み機能は非表示になります。パラメーター hib=false を URL に追加すれば、バルクエディターページに「読み込み」ボタンが表示されます。コンテンツは、任意のタブ区切り(.tsv)ファイルから読み込むことがでめます。読み込みが正常に機能するには、列見出し(セルの最初の行)が、読み込み先のテーブルの列見出しと一致している必要があります。

メモ

コンテンツを再度読み込むと、それらのノードの以前のコンテンツは削除されます。 重要な情報を上書きしないように注意してください。

コンテンツを読み込むには:

  1. Bulk Editor を開きます。

  2. 例えば、次のような手順を実行して、?hib=false を URL に追加します。

    http://localhost:4502/etc/importers/bulkeditor.html?hib=false

  3. 読み込み」をクリックします。

  4. .tsv ファイルを選択します。データがリポジトリーに読み込まれます。

このページ