AEM Livefyre のレシピ

Adobe Experience Manager Livefyre の一般的なユースケースについての手順の説明。

標準 Livefyre AEM コンポーネントを使用して UGC をキュレーションし、Livefyre Media Wall を使用して表示する

Media Wall は、ソーシャルおよびネイティブの Livefyre コンテンツをリアルタイムのソーシャルウォールにストリーミングします。AEM に Media Wall を実装する方法は、ユースケースと要件に応じて複数あります。

AEM Livefyre パッケージでは初期設定済みの実装が提供されますが、従来の統合ではカスタム Livefyre AEM コンポーネントを作成する機能が提供されます。

AEM の統合

Livefyre Adobe Experience Manager パッケージは、AEM 6.1、6.2Sp1、6.3、6.4、6.4 SP1 で使用できます。AEM 5.x および 6.0 ではサポートされていません。詳しい手順については、Livefyreとの統合を参照してください。

サポートされているLivefyreアプリケーションを確認するには、AEM Support Matrix for Livefyre Appsを参照してください。

従来の実装(カスタマイズされたAEMコンポーネント用)

Livefyre をカスタム AEM コンポーネントまたは WordPress、Sitecore、DemandWare などの他の CMS に実装する方法は 3 つあります。従来の Livefyre 統合は CMS に依存しません。

方法 1:Designer アプリの実装

方法 2:SDK の実装

SDK を使用した高度なカスタマイズについては、StreamHub SDK を参照してください。

方法 3:API の実装

  • カスタマイズされたエクスペリエンスとデータの視覚化を作成するために、ブートストラップとストリーム API を使用して Livefyre とソーシャルデータを利用することで、一から Livefyre Apps を作成できます。

UGC用UIを作成する際は、TwitterFacebookInstagramの表示ガイドラインに従っていることを確認してください。

Media Wall 認証の統合

認証を必要とする Media Wall の統合については、以下を参照してください。

ユースケースの概要

AEM の顧客として、標準 Livefyre AEM コンポーネントを使用して UGC をキュレートし、Livefyre Media Wall を使用して表示したい。

実装手順:

  1. 概要
  2. Livefyre を使用するための AEM の設定
  3. AEM Media Wall コンポーネントをページにドラッグアンドドロップ
  4. UGC をキュレートして Media Wall コンポーネントに表示するための、ストリームの設定とルールの追加

UGCのストリーミングに関するトレーニングビデオについては、Livefyreでの自動コンテンツストリームの作成とソーシャルコンテンツの検索を参照してください。

お客様の例

カスタマイズされたエクスペリエンスとデータの視覚化を作成するために、ブートストラップとストリーム API を使用して Livefyre とソーシャルデータを利用することで、一から Livefyre Apps を作成できます。

認証が必要なLivefyreアプリについては、サードパーティの認証プラットフォームのIDの統合を参照してください。

AEM Components または従来の Livefyre 統合を使用して Livefyre コメントを統合する

AEM の統合

Livefyre Adobe Experience Manager パッケージは、AEM 6.1、6.2Sp1、6.3、6.4、6.4 SP1 で使用できます。AEM 5.x および 6.0 ではサポートされていません。詳しい手順については、Livefyreとの統合を参照してください。

従来の実装(カスタマイズされたAEMコンポーネント用)

Livefyre コメントアプリケーションをカスタム AEM コンポーネントまたは WordPress、Sitecore、DemandWare などの他の CMS に実装する方法は 3 つあります。従来の Livefyre 統合は CMS に依存しません。

方法 1:Designer アプリの実装

方法 2:SDK の実装

  • 説明:Livefyre.js はサイトのアプリと認証を強化するコアライブラリです。これはグローバル window.Livefyre オブジェクトと単一のパブリックメソッド Livefyre.require を定義します。これらは、Livefyre アプリの組み込みやサードパーティのユーザー認証プラットフォームとの統合に役立つ、その他の Livefyre JavaScript ライブラリをロードするために使用されます。

  • 方法:

  • 例:https://codepen.io/dharafyre/pen/oYoJdP

SDKを使用した高度なカスタマイズについては、StreamHub SDKsを参照してください。

方法 3:API の実装

  • カスタマイズされたエクスペリエンスとデータの視覚化を作成するために、ブートストラップとストリーム API を使用して Livefyre とソーシャルデータを利用することで、一から Livefyre Apps を作成できます。

コメントアプリ認証の統合

お客様の例

Livefyre AEM Assets 統合を使用して AEM Assets に UGC を読み込む

Livefyre セットアップ(UGC キュレーションおよび Rights Management 用):

  1. Livefyre Asset Library フォルダーに UGC をキュレートするためのストリームの設定とルールの追加

    1. UGCのストリーミングに関するトレーニングビデオについては、Livefyreでの自動コンテンツストリームの作成とソーシャルコンテンツの検索を参照してください。
  2. Livefyre Asset Library フォルダー内のキュレーション済み UGC の収集、整理、管理

    1. Livefyre Studioアセットライブラリでのフォルダーの作成と管理に関するトレーニングビデオについては、Adobe Experience ManagerLivefyreでのアセットの操作を参照してください。
  3. Livefyre Studio を使用してキュレーションされた UGC の権限のリクエスト

AEM セットアップ(AEM Assets に UGC を読み込むため)

  1. 概要
  2. Livefyre を使用するための AEM の設定
  3. Livefyre によってキュレーションされた UGC の AEM Assets への読み込み

AEM Components または従来の Livefyre 統合を使用して Livefyre レビューを統合する

AEM の統合

Livefyre Adobe Experience Manager パッケージは、AEM 6.1、6.2Sp1、6.3、6.4、6.4 SP1 で使用できます。AEM 5.x および 6.0 ではサポートされていません。詳しい手順については、Livefyreとの統合を参照してください。

レビューコンポーネントは、AEM 6.1 ではサポートされていないコンポーネントです。Livefyre アプリの AEM サポート一覧を確認してください。

従来の実装(カスタマイズされた AEM コンポーネント用)

Livefyre レビューアプリをカスタム AEM コンポーネントまたは WordPress、Sitecore、DemandWare などの他の CMS に実装する方法は 2 つあります。従来の Livefyre 統合は CMS に依存しません。

メソッド 1:SDK の実装

  • 説明:Livefyre.js はサイトのアプリと認証を強化するコアライブラリです。これはグローバル window.Livefyre オブジェクトと単一のパブリックメソッド Livefyre.require を定義します。これらは、Livefyre アプリの組み込みやサードパーティのユーザー認証プラットフォームとの統合に役立つ、その他の Livefyre JavaScript ライブラリをロードするために使用されます。

  • 方法:

  • 例:https://codepen.io/dharafyre/pen/GXgvvd

SDKを使用した高度なカスタマイズについては、StreamHub SDKsを参照してください。

メソッド 2:API の実装

  • カスタマイズされたエクスペリエンスとデータの視覚化を作成するために、ブートストラップとストリーム API を使用して Livefyre とソーシャルデータを利用することで、一から Livefyre Apps を作成できます。

その他の評価およびレビューAPIについては、こちらを参照してください。

コメントアプリ認証の統合

お客様の例

このページ