Adobe分類

Adobe分類を使用して、分類データを Adobe Analytics スケジュールに沿って SAINT Exporter は、com.adobe.cq.scheduled.exporter.Exporter の実装です。

これを設定するには:

  1. ツール/クラウドサービス​で「Adobe Analytics」セクションに移動します。

  2. 新しい設定を追加します。「Adobe Analytics 分類」設定テンプレートが「Adobe Analytics フレームワーク」設定の下に表示されます。「タイトル」と「名前」を必要に応じて指定します。

    aa-25

  3. 作成」をクリックして、設定を指定します。

    chlimage_1

    プロパティには、次が含まれています。

    フィールド 説明
    有効 はい」を選択すると、Adobe Classifications の設定が有効になります。
    競合時に上書き はい」を選択すると、データの競合が上書きされます。デフォルトでは、これは「いいえ」に設定されています。
    削除処理 はい」に設定すると、書き出された後に処理したノードが削除されます。デフォルトは、「False」です。
    ジョブの書き出しに関する説明 Adobe Classifications ジョブの説明を入力します。
    通知電子メール 分類の通知用の電子メールアドレスをAdobeします。
    レポートスイート 読み込みジョブを実行するレポートスイートを入力します。
    データセット 読み込みジョブを実行するデータセット関連 ID を入力します。
    変換サービス ドロップダウンメニューから、変換サービスの実装を選択します。
    データソース データコンテナのパスに移動します。
    スケジュールを書き出し 書き出すスケジュールを選択します。デフォルトは 30 分ごとです。
  4. OK」をクリックして設定を保存します。

ページサイズの変更

レコードは、ページで処理されます。デフォルトでは、Adobe分類はページサイズが 1,000 のページを作成します。

ページのサイズは、Adobe分類の定義ごと25000、最大で設定でき、Felix コンソールから変更できます。 エクスポート時に、Adobe分類はソースノードをロックして、同時に変更できないようにします。 ノードは、書き出し後、エラー時またはセッション終了時にロックを解除されます。

ページサイズを変更するには:

  1. OSGI コンソール ( ) に移動します。 https://<host>:<port>/system/console/configMgr を選択し、 AdobeAEM分類エクスポータ.

    aa-26

  2. 書き出しページサイズ」を必要に応じて更新し、保存​をクリックします。

SAINTDefaultTransformer

メモ

Adobe Classifications は、以前は SAINT Exporter と呼ばれていました。

SAINT Exporter は、変換サービスを使用して、書き出しデータを特別な形式に変換できます。Adobe分類の場合、サブインターフェイス SAINTTransformer<String[]> 変換サービスの実装インターフェイスが提供されました。 このインターフェイスは、データタイプを次の値に制限するために使用します。 String[] これは、SAINTAPI で使用され、選択用にこのようなサービスを見つけるためのマーカーインターフェイスを持つために使用されます。

デフォルトの実装 SAINTDefaultTransformer では、エクスポータソースの子リソースは、プロパティ名をキーとし、プロパティ値を値として持つレコードとして扱われます。 キー​列は、最初の列に自動的に追加され、その値がノード名になります。名前空間プロパティ(:を含む)は無視されます。

ノード構造:

  • id-classification nt:unstructured

    • 1 nt:unstructured

      • Product = My Product Name (String)
      • Price = 120.90 (String)
      • Size = M (String)
      • Color = black (String)
      • Color^Code = 101 (String)

SAINT ヘッダーおよびレコード:

キー 製品 価格 サイズ カラー Color^Code
1 My Product Name 120.90 M 101

プロパティには、次が含まれています。

プロパティのパス 説明
transformer SAINTTransformer 実装のクラス名
email 通知用の電子メールアドレス。
reportsuites 読み込みジョブを実行するレポートスイート ID。
dataset 読み込みジョブを実行するデータセット関連 ID。
description ジョブの説明。
overwrite データの競合を上書きするためのフラグ。デフォルトは false です。
checkdivisions レポートスイートの互換性をチェックするためのフラグ。デフォルトは true です。
deleteprocessed 処理したノードを書き出し後に削除するためのフラグ。デフォルトは false です。

Adobe Classifications による書き出しの自動化

独自のワークフローを作成することで、新しい読み込みのたびにそのワークフローが開始され、構造の正しい適切なデータが /var/export/ に作成されて Adobe Classifications に書き出すことができるようになります。

このページ