アセットのワークフローオフローダー

Assets ワークフローオフローダーを使用すると、Adobe Experience Manager(AEM)Assets の複数のインスタンスを有効にして、プライマリ(リーダー)インスタンスでの処理の負荷を軽減できます。処理の負荷は、リーダーインスタンスとそれに追加する各種オフローダー(ワーカー)インスタンスの間で分散されます。アセットの処理の負荷を分散すると、AEM Assets でのアセット処理の効率と速度が上がります。さらに、特定の MIME タイプのアセットの処理に専用リソースを割り当てやすくなります。例えば、トポロジの特定のノードを InDesign アセットの処理専用として割り当てることができます。

オフローダートポロジの設定

設定マネージャーを使用して、リーダーインスタンスのURLと、リーダーインスタンス上の接続要求のオフローダーインスタンスのホスト名を追加します。

  1. AEMのロゴをタップまたはクリックし、ツール / 操作 / Webコンソール​を選択してConfiguration Managerを開きます。

  2. Webコンソールから、Sling / Topology Management​を選択します。

    chlimage_1-44

  3. トポロジ管理ページで、「Configure Discovery.Oak Service」リンクをタップまたはクリックします。

    chlimage_1-45

  4. Discovery Serviceの設定ページの「Topology Connector URLs」フィールドで、リーダーインスタンスのコネクタURLを指定します。

    chlimage_1-46

  5. Topology Connector Whitelist」フィールドで、リーダーインスタンスとの接続が許可されるオフローダーインスタンスのIPアドレスまたはホスト名を指定します。 「Save」をタップまたはクリックします。

    chlimage_1-47

  6. リーダーインスタンスに接続されているオフローダーインスタンスを確認するには、ツール導入トポロジ​で、クラスタービューをタップまたはクリックします。

オフロードの無効化

  1. AEMのロゴをタップまたはクリックし、ツール / デプロイ / オフロード​を選択します。 オフロードするブラウザー​ページには、トピックと、トピックを使用できるサーバーインスタンスが表示されます。

    chlimage_1-48

  2. AEMアセットをアップロードまたは変更するためにユーザーがやり取りするリーダーインスタンスで、 com/adobe/granite/workflow/offloading​トピックを無効にします。

    chlimage_1-49

リーダーインスタンスでのワークフローランチャーの設定

Damアセットの更新​ワークフローの代わりに、リーダーインスタンスで​DAMアセットの更新のオフロード​ワークフローを使用するように、ワークフローランチャーを設定します。

  1. AEMのロゴをタップまたはクリックし、ツール / ワークフロー / ランチャー​を選択して、ワークフローランチャー​コンソールを開きます。

    chlimage_1-50

  2. イベントタイプ​Node Created​と​Node Modified​の2つのランチャー設定を見つけます。これらはそれぞれ、DAM Update Asset​ワークフローを実行します。

  3. 各設定で、前のチェックボックスを選択し、ツールバーの「プロパティを表示」アイコンをタップまたはクリックして、ランチャーのプロパティ​ダイアログを表示します。

    chlimage_1-51

  4. ワークフロー​リストから「DAMアセットの更新のオフロード」を選択し、「保存」をタップまたはクリックします。

    chlimage_1-52

  5. AEMのロゴをタップまたはクリックし、ツール / ワークフロー / モデル​を選択して、ワークフローモデル​ページを開きます。

  6. DAMアセットの更新のオフロード​ワークフローを選択し、ツールバーの「編集」をタップまたはクリックして詳細を表示します。

    chlimage_1-53

  7. DAMワークフローオフロード​ステップのコンテキストメニューを表示し、「編集」を選択します。 設定ダイアログの「汎用引数」タブで「ジョブトピック」フィールドのエントリを確認します。

    chlimage_1-54

オフローダーインスタンスのワークフローランチャーを無効にします。

リーダーインスタンスで​DAMアセットの更新​ワークフローを実行するワークフローランチャーを無効にします。

  1. AEMのロゴをタップまたはクリックし、ツール / ワークフロー / ランチャー​を選択して、ワークフローランチャー​コンソールを開きます。

    chlimage_1-55

  2. イベントタイプ​Node Created​と​Node Modified​の2つのランチャー設定を見つけます。これらはそれぞれ、DAM Update Asset​ワークフローを実行します。

  3. 各設定で、前のチェックボックスを選択し、ツールバーの「プロパティを表示」アイコンをタップまたはクリックして、ランチャーのプロパティ​ダイアログを表示します。

    chlimage_1-56

  4. アクティブ化」セクションで、スライダーをドラッグしてワークフローランチャーを無効にし、「保存」をタップまたはクリックして無効にします。

    chlimage_1-57

  5. 画像タイプのアセットをリーダーインスタンスにアップロードします。 オフロードされたインスタンスによってアセットに対して生成され、移植されたサムネールを確認します。

このページ