AEM で TarMK インスタンスを複製する方法

説明

環境

  • Adobe Experience Manager

問題/症状
この記事では、TarMK(または TarMK + FileDataStore)を使用するAEMインスタンスを適切にクローンしてストレージに使用する方法について説明します。

解決策

以下の手順は、AEMが/mnt/aem/author にインストールされている Linux で rsync を使用してAEM + TarMK + FileDataStore インスタンスをコピーする方法を示しています。

  1. rsync などのコマンドを使用して、実行中の AEM インスタンス全体を別のサーバーにコピーします。必ずコピープロセス中にタイムスタンプを保持し、ログフォルダーとデータストアを除外するようにします。例:rsync -av --exclude 'crx-quickstart/logs' --exclude 'crx-quickstart/repository/repository/datastore' /mnt/aem/author user@dest-host:/mnt/aem/

  2. AEM を停止します。

  3. TarMK segmentstore フォルダーの別のコピーを開始し、最初のコピー以降に行われた新しい変更を取得します。 rsync -av /mnt/aem/author/crx-quickstart/repository/segmentstore/* user@dest-host:/mnt/aem/author/crx-quickstart/repository/segmentstore/

  4. AEM を起動します。

  5. AEM の実行中にデータストアをコピーします。例:rsync -av /mnt/aem/author user@dest-host:/mnt/aem/crx-quickstart/repository/repository/datastore /mnt/aem/crx-quickstart/repository/repository/

  6. 宛先サーバーで、logs フォルダーを再作成し、crx-quickstart/repository/index フォルダーを削除し、crx-quickstart/launchpad/felix フォルダーからsling.id.file を削除します。

    mkdir /mnt/aem/crx-quickstart/logs

    rm -rf /mnt/aem/crx-quickstart/repository/index

    find /mnt/aem/crx-quickstart/launchpad/felix -type f -name "sling.id.file" -exec rm -f {} \; -print

  7. 宛先サーバーで、AEM を起動して、インスタンスをテストします。

重要なメモ:

必ずデータストアが segmentstore フォルダーの後にコピーされ、コピー中にすべてのタイムスタンプが保持されるようにする必要があります。Rsync を使用すると、タイムスタンプを —a オプションで保持できます。

このページ