Adobe Primetime認証 — 最も頻繁に使用される用語

最終更新日: 2024-02-09

説明

環境
Primetime

問題/症状
多くの場合、代理店、パートナー、その他の関係者をサポートするために、特定の用語は何を表しているのか疑問に思う Adobe Primetime. 以下に、 Adobe Primetime.

解決策

最も一般的な用語

エンティティ

  • プログラマー — プログラマは コンテンツプロバイダー Adobe Passを自社の web サイトやアプリケーションに統合する予定の
  • チャネル — チャネルは 実際のリソース プログラマがコンテンツを提供する際に使用する。 1 人のプログラマーが 1 つまたは複数のチャネルを提供できます。 例えば、プログラマー Star は、Star Sports と Star Movies をチャネルとして持つことができます。
  • RequestorID — 一意の ID です。 プログラマーを識別します。 またはそのリソース — アカウント、ブランド、チャネルなど、 Adobe Pass。 
  • ResourceID — プログラマーを識別する ID(文字列) マルチチャンネルビデオプログラミングディストリビュータ (MVPD)。 
  • サービスプロバイダー — これは、MVPD との統合中に、Adobe Primetime認証によってプログラマーの代理として動作する、SP の役割を指します。
  • コンテンツプロバイダー - a プログラマー はコンテンツプロバイダーとも呼ばれます。
  • メディア会社 — メディア企業は PayTV プロバイダー、基本的には MPVD。
  • MVPD — マルチチャネルビデオプログラミングディストリビュータ (MVPDs) は、名前が示すように、次の通りです。 配布者 プログラマーの内容を~に合わせる 複数のプラットフォーム. 例えば、TV、モバイル、クライアントレスデバイス(Xbox、Roku など)です。

流れ

  • AuthN - authN は 認証 これは基本的に、MVPD プラットフォームへのユーザーログインプロセスです。 Adobe Primetime認証によって生成される authN トークン また、プログラマの統合プラットフォームに応じて、ユーザのデバイスまたはAdobeのサーバにも同じ情報が格納されます。
  • AuthZ - authZ は 認証 ユーザーが~するのを可能にするプロセス 保護されたコンテンツを表示 チャネル/プログラマーが提供する。  Adobe Primetime認証によって authZ トークン 同じ情報がAdobeのサーバに保存されます。
  • プリフライト — プリフライト認証は、複数のリソースに対する軽量の認証チェックです。
  • ログアウト  — 基本的に、ユーザーが Windows Media Player からログアウトオプションを選択して離脱するプロセスです。 Windows Media Player は、ログアウトを経由して処理します。 Access Enabler API ユーザーをログアウトし、 すべての AuthN および AuthZ トークンを削除します ユーザーのローカルシステムから。 Adobe Primetime認証により、すべてのトークンが確実に削除され、 MVPD に通知します。 をクリックして、セッションを削除します。 通常、SAML ログアウトリクエストは ID プロバイダー — IdP(MVPD) に送信されます。

プロトコル

  • SAML - セキュリティアサーションマークアップ言語 (SAML) は、交換用の XML ベースのデータ形式です。 認証 および 認証 IdP と SP 間のデータ。
  • OAuth - OAuth 承認フレームワークを使用すると、サードパーティアプリケーションは、リソース所有者と HTTP サービスの間の承認インタラクションを統合するか、サードパーティアプリケーションが自身でアクセスを取得できるようになり、リソース所有者の代わりに HTTP サービスへの制限付きアクセスを取得できます。 現在は OAuth 2.0。
  • XACML - e拡張アクセス制御マークアップ言語 は、ポリシーで定義されたルールに従ってアクセス要求を評価する方法を説明する、宣言的な詳細な属性ベースのアクセス制御ポリシー言語、アーキテクチャ、および処理モデルを定義します。 これは、Adobe Primetime認証で メディアリッチサイトサマリ (MRSS) を、MVPDs でサポートされる形式に変換します。
  • SOAP- Simple Object Access Protocol は次の場合に使用されます。 構造化情報の交換 (コンピュータネットワークでの web サービスの実装)。 その目的は、拡張性、中立性、独立性を誘導することです。 次を使用します。 XML 情報セット メッセージの形式の場合はで、メッセージのネゴシエーションと送信には、ほとんどの場合は HTTP または SMTP のアプリケーション層プロトコルを使用します。
  • REST - REST は、インターネット上のコンピュータシステム間の相互運用性を提供する 1 つの方法です。 REST 準拠の Web サービスを使用すると、リクエストシステムは、一様で事前定義された一連の Web リソースを使用して、Web リソースのテキスト表現にアクセスし、操作できます。 ステートレス操作. これは、MRSS を MVPDs でサポートされる形式に変換するもう 1 つのサポートされているアプローチです。 The MRSS は base64 エンコードされ、REST 呼び出しの URL パラメーターとして渡されます。


ユーザーメタデータ:

MPVDs ~を維持する ユーザーメタデータ プログラマは、Access Enabler の getMetadata() 関数と /usermetadata エンドポイント(Clientless API 内)

ユーザーメタデータ機能を使用すると、プログラマーは、郵便番号、親の評価、ユーザー ID など、様々な種類のユーザー固有のデータにアクセスできます。 ユーザーメタデータは 拡張 を使用して、以前に使用可能だった静的メタデータ(認証トークン TTL、認証トークン TTL、デバイス ID)に追加できます。 アプリケーションは、複合を提供することで、メタデータにアクセスできます MetadataKey オブジェクト。

  • void getMetadata(MetadataKey metadataKey)  — この get インスタンスの AE で使用できるメソッド。

メタデータは次のように返されます。 setMetadataStatus(key, encrypted, data):

  • Key (String):要求されるメタデータのタイプを指定します。
  • Encrypted (Boolean):値が暗号化されているかどうかを示すブール型フラグ。 これが true の場合、値は実際の値の JSON Web 暗号化された表現です
  • Data (Object):メタデータの表現を格納した JSON オブジェクト

このページ