Dynamic Mediaリリースノート

Adobe Experience CloudのAdobe Experience ManagerソリューションのAdobe Dynamic Media Classic部分に関する最新のリリースノートです。

Dynamic Mediaリリースノート

のAdobe Dynamic Media Classic部門の最新のリリースノート Adobe Experience Manager の解 Adobe Experience Cloud.

一般

Adobeは、パフォーマンスの向上という全体的な利点をもたらし、コンテンツの HTTP/2 配信に対応しました。

詳しくは、 コンテンツの HTTP/2 配信に関する FAQ.

Scene7 Publishing System

詳細なドキュメントについては、 https://experienceleague.adobe.com/docs/dynamic-media-classic/using/intro/introduction.html?lang=ja#intro

新機能、機能強化およびバグ修正

  • Removed video recut feature from Adobe Scene7 Publishing System user interface.
  • 必要に応じて、可能な限りすべてのScene7サーブレットに認証を追加しました。
  • ごみ箱のリスト表示に関するバグ修正。
  • 削除済み SPSAdmin を作成 セキュリティ上の問題があるので、ユーザー管理のユーザー機能を使用できます。
  • FTP Web 管理者が OKTA 認証をサポートするようになりました。
  • 新しい Media Portal ユーザー向けに作成されたデフォルトのパスワードの機能を削除しました。
  • 新しいユーザーが追加されたときに生成された一時パスワードに関するバグ修正。 パスワードが必要なパスワード要件を満たしていませんでした。
  • WebAdmin のルートディスクがいっぱいになる問題を解決しました。
  • ユーザーがユーザーインターフェイスに直ちに反映されないというバグ修正。
  • 後でユーザーを再作成できなかったユーザーの削除に関するバグ修正。
  • 特定の設定を制御するための認証を含まなかった新しいScene7ユーザーに送信されるようこそ電子メールに関するバグを修正しました。
  • フォルダー名に特殊文字が含まれている場合に FTP フォルダーリストを取得できない問題を修正しました。
  • Scene7環境用に OKTA サービスプロバイダーを設定します。
  • Viewer Analytics にExperience Cloud組織 ID のサポートが追加されました。
  • Scene7 SAML コンシューマーを実装しました。

ビューア(画像サービング 5.8.1)

詳細なドキュメントについては、 ビューアリファレンスガイド.

画像サービング 5.8.1 の新機能

  • HTML5 基本ズームビューア、フライアウトビューア、混在メディアビューア、スピンビューア、ズームビューア、ビデオビューア、カルーセルビューア、インタラクティブ画像ビューア、インタラクティブビデオビューアでのキーボードアクセシビリティ。
  • ビデオビューア、混在メディアビューアおよびインタラクティブビデオビューアにビデオバッファリングアイコンを追加しました。
  • 「再生」修飾子の値「native」は非推奨(廃止予定)となりました。 代わりに、新しい値「progressive」を使用します。
  • iPhoneデバイスでのインラインビデオ再生のサポートを追加しました。
  • ビデオビューアに、外部ビデオ再生のサポートが追加されました。
  • タッチデバイスでのスウォッチのスクロール動作が改善されました。
  • Internet Explorer 11 および Edge ブラウザーを実行する際に、マウス入力とタッチ入力の両方を使用するデバイスのサポートを追加しました。
  • を使用して左と右の両方のページを指定する機能が追加されました。 initialframe eCatalog ビューアのモバイルデバイスで、縦長モードのパラメータ。

画像サービング 5.8.1 のバグ修正

  • キーボードタブ操作がビデオコントロールにフォーカスされなかった問題を修正しました。
  • eCatalog で、一部のデバイスで単一ページまたは二重ページのレイアウトが正しく表示されない問題を修正しました。

互換性に関する注意

  • BlackBerry®

    • 古い AVS セットとの非互換性。 クライアントは、再生を許可するために AVS セットを再アップロードする必要があります。
  • 一般

    • ブラウザー側での拡大/縮小により、ユーザーがページにズームインすると、UI と画像がぼやけてしまう場合があります。 また、ズームによっては UI の書式も正しく表示されない場合があります。 この効果は全画面に引き継がれます。
    • モバイルデバイスのサイズ制限により、混在メディアビューアでは、埋め込みスウォッチコンポーネントをタップする代わりに、スライドジェスチャを使用して埋め込み画像セット内のフレームを入れ替えます。 コンポーネントは、視覚的なインジケーターとして表示されます。
    • Internet Explorer ブラウザーおよび一部のタッチデバイスでは、フルスクリーンモードでデバイス画面全体が占有されません。 代わりに、ブラウザーウィンドウのサイズに合わせてアプリケーションのサイズを変更します。
    • 「閉じる」ボタンはiOS 8.0 および 8.1 では動作しませんが、iOS 8.2 では動作しなくなりました。
  • Galaxy SIII

    • Memory leak seen with Zoom and eCatalog HTML5 viewers. フレーム間を繰り返し移動すると、ブラウザーがクラッシュする場合があります。
    • ビューアでダブルタップすると、ブラウザー側の拡大/縮小が有効になっているビューアだけでなく、ページ全体がズームする場合があります。
  • Galaxy S4

    • デバイスが縦置きモードでタブレットとして検出され、ブラウザー設定で「フルスクリーン」がオンになっている。
  • Galaxy Nexus

    • Double tap on viewer may cause whole page to zoom instead of just viewer with browser side scaling enabled.
  • Galaxy Nexus 10 と Galaxy Tablet

    • eCatalog showing incorrect page spread with portrait and landscape orientations.
  • HTC モバイルデバイス

    • Adobeの所見で HTC モバイルデバイスがネイティブのピンチズームを無効にできないことは、HTC UI ラッパー (HTC Sense) の「機能」です。 この問題により、ビューアで「ピンチツーズーム」ジェスチャを使用した場合に、ページ全体がズームされる場合があります。 代わりにダブルタップを使用することをお勧めします。
    • 画像マップが小さく、互いに近い場合、画像マップアイコンが重なる場合があります。
  • HTML5 ビデオ

    • Internet Explorer 9:カスタムのポスター画像は表示されません。
    • IntialBitRate 修飾子は、ソフトウェア HLS とFlashHDS の再生でのみサポートされます。 再生がネイティブプレーヤーを使用している場合は機能しません。
    • OGG および WebM のプログレッシブ再生は、現在サポートされていません。
    • ブラウザーを拡大/縮小すると、ビデオプレーヤーのサイズが正しく表示されない場合があります(Windows OS のコントロールパネルのディスプレイ設定を含む)。
    • Safari での HLS ストリーミングを使用したビデオシークに一貫性がない場合があります。
  • Internet Explorer

    • Quirks mode is not supported currently.
    • 互換性モードは現在サポートされていません。
    • モバイル版の Internet Explorer は現在サポートされていません。
  • iOS

    • 大きな eCatalog を使用すると、iPad 2 でブラウザがクラッシュする場合があります。
  • Safari

    • Safari 6.1 以降:インターネットプラグインの設定により、Flashビデオを再生できない場合があります。
    • Safari での HLS ストリーミングを使用したビデオ「シーク」に一貫性がない場合があります。
    • HLS ストリーミングを使用して Safari 6 でビデオの終わりをシークできません。

既知の問題と制限事項

  • 次の画像サービング修飾子 iscommandsreq=set 意匠で要求する。 画像の表示にのみ影響する修飾子は、正常に機能します。 サイズに影響する修飾子は、複雑なアセットで使用する必要があります。 以下に例を挙げます。

    https://s7d9.scene7.com/s7viewers/html5/BasicZoomViewer.html?asset= {Scene7SharedAssets/Backpack_B?extendn=0.5%252C0.5%252C0.5%252C0.5}

  • [フライアウト] IE9 は、マウスをオフにした後、画面に残る場合があります。

  • ブラウザーの拡大/縮小により、サイズが間違って調整される。

  • iPad 2:大きな eCatalog アセットがiOSで Safari をクラッシュする。

  • すべてのビューア

    • 透かし、難読化、ロックはサポートされていません。
    • 画像プリセットはサポートされていません。
    • を使用して DOM にビューアを追加または削除する display:none CSS または親ノードからの動的な分離は、現在サポートされていません。
  • HTML5 すべてのビューア

    • 表にビューアを埋め込むと、ネイティブ以外のフルスクリーンモードで、ビューアのサイズや配置が正しくない場合があります。 代わりに DIV を使用することをお勧めします。
    • コード内のパラメーターにインスタンス名が明示されている場合、URL 内にインスタンス名が必要で、上書きする ( 例: zoomView.iconfeffect=0) をクリックします。
    • 画像サービングコマンド切り抜きは現在サポートされていません。
    • 「閉じる」ボタンは、ビューアが子ウィンドウで開いている場合にのみ機能します。
    • この iscommands modifier は、画像サイズに影響する画像サービング修飾子をサポートしていません。
  • HTML5 eCatalog

    • 別のHTMLページに移動して戻ると、ビューアが最初のページにリセットされる場合がある。
    • iOSデバイスを回転した後、ページレイアウトが正しく表示されないことがあります。 ページにズームすると、レイアウトが修正されます。
    • 複数ページの見開きで、内部リンクは左端のページにのみリンクします。 ポートレイトモードのモバイルデバイスに影響します。
    • ブラウザの制限により、IE9 では印刷機能を使用できません。
  • HTML5 MixedMedia

    • サウンドトラックの再生はサポートされていません。
  • HTML5 ソーシャル

    • 送信メールでサムネールを適切にレンダリングするには、 serverurl 修飾子には絶対 URL が必要です。
  • HTML5 ビデオ

    • ポスター画像で「最大サイズ」のエラーが発生する場合があります。 画像サービング公開の制限設定を増やす必要があります。
    • ビデオキャプションをホストする場合、HTMLページを (Dynamic Mediaサーバーではなく ) 外部サーバーから提供している場合、会社のルールセットが必要です。 サポートが必要な場合は、Adobeサポートにお問い合わせください。
    • Analytics tracking may report incorrect play percentage due to buffering.
    • ポスター画像の代わりに黒いフレームがiPadまたは Android™デバイスに表示される場合があります。
    • iPadまたは Android™デバイスでのビューアの読み込み中に、画面に黒いフレームが点滅する場合があります。
    • iPadデバイスで背景が白/透明に設定されている場合、VideoPlayer コンポーネントの側に黒の境界線が表示されます。
    • iOS 7 を使用しているiPadで、ビデオの最後のフレームがゆがむ場合がありました。
    • Occasional macroblocking may occur during video seek in HLS streaming mode in Chrome, Firefox, and Internet Explorer browsers.
    • Poster image may not show in Microsoft® Edge browser for the first time visitor.
    • Poster image may hide after video load in Internet Explorer 9 when progressive playback is used.

Dynamic Media Image Serving 6.3.2 および画像レンダリング 6.3.2

  • IC utility - downsample2x2 flag is no longer supported. このフラグは、IPS では使用されなくなった 2x2 ダウンサンプラーの品質が低かった。
  • CORS ヘッダー — 現在、CORS ヘッダーは /is/content/ リクエスト。

このページ