ビューアのリリースノート(5.14.1)

AdobeDynamic Mediaビューア

パッケージには次の内容が含まれます。

  • HTML5ビューア

    • BasicZoomViewer
    • eCatalogViewer
    • eCatalogSearchViewer
    • FlyoutViewer
    • MixedMediaViewer
    • SpinViewer
    • VideoViewer
    • ZoomViewer
  • AEMDynamic Mediaビューア

    • CarouselViewer
    • DimensionalViewer
    • InteractiveImage
    • InteractiveVideoViewer
    • PanoramicViewer
    • SmartCropVideoViewer
    • ZoomVerticalViewer
    • ビデオ360ビューア
  • モバイル専用のHTML5ビューア (レガシー、2.4 s7sdkを使用)

    • basicZoomMobile
    • flyout
    • genericSpinMobile
    • genericZoomMobile
    • mixedMedia

5.14.1の新機能および機能強化

  • 3Dプレビューと配信用のDimensionalViewer
  • 埋め込みモードで実行している場合のSmartCropVideoViewerでのスマートビデオの切り抜きを改善しました。
  • FlyoutViewer、ZoomVerticalViewerおよびMixedMediaViewer(インラインズームを使用する場合)の高解像度画面のサポートを追加しました。

5.13.1の既知の問題と制限事項

  • ISコマンドの画像サービング修飾子は、設計上、req=set要求に追加されません。 ただし、画像表示にのみ影響する修飾子は問題ありません。 サイズに影響する修飾子は、複雑なアセットで使用する必要があります。 例:

    https://s7d9.scene7.com/s7viewers/html5/BasicZoomViewer.html?asset= {Scene7SharedAssets/Backpack_B?extendn=0.5%252C0.5%252C0.5%252C0.5}

  • ブラウザーウィンドウを拡大縮小すると、サイズが正しく調整されません。

  • iPad 2 — 大きなeCatalogアセットを使用すると、iOSでSafariがクラッシュする。

すべてのビューア

  • ウォーターマーク、難読化、ロックはサポートされていません。
  • 画像プリセットはサポートされていません。
  • display:none CSSを使用したDOMへのビューアの追加または削除、または親ノードからのビューアの動的な切り離しはサポートされていません。

HTML5のすべてのビューア

  • テーブルにビューアを埋め込むと、ネイティブ以外のフルスクリーンモードで、ビューアのサイズや配置が正しくない場合があります。 Adobeでは、代わりにDIVを使用することをお勧めします。
  • コード内のパラメーターでインスタンス名が明示的に指定されている場合は、URL内のインスタンス名も上書きする必要があります(例:zoomView.iconfeffect=0)。
  • 画像サービングコマンドcropはサポートされていません。
  • 閉じるボタンは、ビューアが子ウィンドウで開いている場合にのみ機能します。
  • ISコマンド修飾子は、画像サイズに影響する画像サービング修飾子をサポートしていません。

HTML5 eCatalog

  • 他のHTMLページに移動してから元のページに戻ると、ビューアが最初のページにリセットされる場合があります。
  • iOSデバイスを回転した後に、ページレイアウトが正しく表示されないことがあります。 ページにズームインすると、レイアウトが修正されます。
  • 複数ページのスプレッドで、内部リンクは左端のページにのみリンクされます。 ポートレイトモードのモバイルデバイスに影響します。

HTML5混在メディア

  • サウンドトラックの再生はサポートされていません。

HTML5 Social

  • 送信電子メールでサムネールを正しくレンダリングするには、serverurl修飾子に絶対URLが必要です。

HTML5ビデオ

  • ポスター画像でmax sizeエラーが発生する場合があります。 画像サービング公開の制限設定の引き上げが必要な場合があります。
  • ホストするHTMLページが(Dynamic Mediaサーバーではなく)外部サーバーから提供される場合、ビデオキャプションには会社ルールセットが必要です。 テクニカルサポートにお問い合わせください。
  • Analyticsの追跡で、バッファリングが原因で、再生の割合が正しくレポートされない場合があります。
  • iPadまたはAndroidデバイスでは、ポスター画像の代わりに黒いフレームが表示される場合があります。
  • iPadまたはAndroidデバイスでは、Viewerの読み込み中に黒いフレームが画面上で点滅する場合があります。
  • iPadデバイスでは、背景が白/透明に設定されている場合、VideoPlayerコンポーネントの辺に黒の境界線が表示されます。
  • iPadでiOS 7を使用すると、ビデオの最後のフレームがゆがむ場合があります。
  • Chrome、FirefoxおよびInternet Explorerのブラウザーでは、HLSストリーミングモードでのビデオシーク中に、マクロブロックがときどき発生する場合があります。
  • ポスター画像がMicrosoft Edgeブラウザーに初めての訪問者で表示されない場合があります。
  • プログレッシブ再生を使用すると、Internet Explorer 9でビデオが読み込まれた後、ポスター画像が非表示になる場合があります。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now