Video360Player.ssl

ビデオ360ビューアの設定属性。

メモ

この設定属性は、機能パックNPR-13480がインストールされたAEM 6.2と、機能パックNPR-15011がインストールされたAEM 6.1にのみ適用されます。

[Video360Player.|<containerId>_video360Player.]ssl=auto|on

auto|on

ビデオを安全なSSL接続(HTTPS)と安全でない接続(HTTP)のどちらで配信するかを制御します。

autoに設定すると、ビデオ配信プロトコルが埋め込みWebページのプロトコルから継承されます。 WebページがHTTPSで読み込まれる場合、ビデオもHTTPSで配信されます。また、WebページがHTTPSで読み込まれる場合も、ビデオがHTTPSで配信されます。 WebページがHTTP上にある場合、ビデオはHTTP経由で配信されます。

に設定した場合、ビデオ配信は、Webページのプロトコルに関係なく、常に安全な接続を介しておこなわれます。

公開済みのビデオ配信にのみ影響し、オーサーモードのビデオプレビューでは無視されます。

プロパティ

(オプション)

初期設定

auto

ssl=on

セキュアビデオ配信も参照してください。

このページ