Adobe Analytics追跡のサポート

スマート切り抜きビデオビューアでは、Adobe Analyticsの追跡機能がサポートされていて、この機能をすぐに使用できます。

標準の追跡

スマート切り抜きビデオビューアでは、Adobe Analyticsの追跡機能がサポートされていて、この機能をすぐに使用できます。

追跡を有効にするには、適切な会社プリセット名を config2 パラメーター。

また、ビューアのタイプとバージョン情報と共に、設定済みの Image Server に 1 つの追跡 HTTP 要求が送信されます。

カスタムトラッキング

をサードパーティの分析システムと統合するには、 trackEvent ビューアのコールバックとプロセス eventInfo 必要に応じて、コールバック関数の引数です。 次のコードは、このようなハンドラー関数の例です。

var smartCropVideoViewer = new s7viewers.SmartCropVideoViewer({ 
 "containerId":"s7viewer", 
"params":{ 
 "asset":"html5automation/frisbee-AVS", 
 "serverurl":"http://s7d1.scene7.com/is/image/", 
 "videoserverurl":"http://s7d1.scene7.com/is/content/" 
}, 
"handlers":{ 
 "trackEvent":function(objID, compClass, instName, timeStamp, eventInfo) { 
  //identify event type 
  var eventType = eventInfo.split(",")[0]; 
  switch (eventType) { 
   case "LOAD": 
    //custom event processing code 
    break; 
   //additional cases for other events 
} 
} 
} 
});

ビューアは、次の SDK ユーザーイベントを追跡します。

SDK ユーザーイベント

次の場合に送信…

LOAD

ビューアが最初に読み込まれます。

SWAP

ビューアで setAsset() API

PLAY

再生が開始されます。

PAUSE

再生が一時停止された。

STOP

再生が停止しました。

MILESTONE

再生が次の 1 つのミリストーンに達しました。0%、25%、50%、75%、100%です。

このページ