setAsset

インタラクティブビデオビューアのJavaScript APIリファレンス。

setAsset(asset[, data])

新しいアセットとオプションの追加アセットデータを設定します。 このパラメーターは、init()の前後いつでも呼び出すことができます。 init()の後に呼び出した場合、ビューアは実行時にアセットを入れ替えます。

initも参照してください。

asset

{ 文字列}の新しいアセットID。

データ

{ JSON } JSONオブジェクトと次のオプションのフィールド(大文字と小文字が区別されます):

  • posterimage — ビデオ開始の再生前の最初のフレームに表示する画像。 VideoPlayer.posterimage を参照してください。
  • caption — 新しいキャプションファイルの場所。指定しなかった場合、キャプションボタンはユーザーインターフェイスに表示されません。
  • navigation - WebVTTナビゲーションコンテンツのURLまたはパス。WebVTTファイルは、画像サービングから提供されます。
  • interactiveData - WebVTTインタラクティブデータコンテンツのURLまたはパスです。WebVTTファイルは、画像サービングから提供される必要があります。

を返す

なし

<instance>.setAsset("/content/dam/mac/aodmarketingna/dm-viewers-content/video/Glacier.mp4")

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now