全画面表示ボタン

フルスクリーンボタンをクリックすると、ビデオプレーヤーのフルスクリーンモードが開始または終了します。

フルスクリーンボタンのサイズ、スキン、およびそのボタンを含むコントロールバーに対する位置を、CSSで設定できます。

フルスクリーンボタンの外観は、CSSクラスセレクターを使用して制御します。

.s7interactivevideoviewer .s7fullscreenbutton

全画面表示ボタンのCSSプロパティ

トップ

パディングを含む上の境界線からの位置。

パディングを含む右の境界線からの位置。

パディングを含む左の境界線からの位置。

パディングを含む下の境界線からの位置。

width

全画面表示ボタンの幅。

height

フルスクリーンボタンの高さ。

background-image

特定のボタン状態に対して表示される画像。

background-position

CSSスプライトを使用する場合の、アートワークスプライト内の位置。

CSSスプライトを参照してください。

メモ

このボタンでは、state属性セレクターとselected属性セレクターの両方がサポートされます。このセレクターは、ボタンの状態ごとに異なるスキンを適用するのに使用できます。 特に、selected='true'は「フルスクリーン」の状態に、selected='false'は「通常」の状態に対応します。

ボタンのツールチップはローカライズできます。 詳しくは、 ユーザーインターフェイス要素のローカライゼーションを参照してください。

32 x 32ピクセルで、コントロールバーの上および右端から6ピクセルの位置に配置するフルスクリーンボタンを設定するには、次のように記述します。 また、選択時または未選択時の4つのボタン状態ごとに異なる画像を表示します。

.s7interactivevideoviewer . s7fullscreenbutton { 
top:6px; 
right:6px; 
width:32px; 
height:32px; 
} 
.s7interactivevideoviewer .s7fullscreenbutton [selected='false'][state='up'] { 
background-image:url(images/enterFullBtn_up.png); 
} 
.s7interactivevideoviewer .s7fullscreenbutton [selected='false'][state='over'] {  
background-image:url(images/enterFullBtn_over.png); 
} 
.s7interactivevideoviewer .s7fullscreenbutton [selected='false'][state='down'] {  
background-image:url(images/enterFullBtn_down.png); 
} 
.s7interactivevideoviewer .s7fullscreenbutton [selected='false'][state='disabled'] { 
background-image:url(images/enterFullBtn_disabled.png); 
} 
.s7interactivevideoviewer .s7fullscreenbutton [selected='true'][state='up'] {  
background-image:url(images/exitFullBtn_up.png); 
} 
.s7interactivevideoviewer .s7fullscreenbutton [selected='true'][state='over'] {  
background-image:url(images/exitFullBtn_over.png); 
} 
.s7interactivevideoviewer .s7fullscreenbutton [selected='true'][state='down'] {  
background-image:url(images/exitFullBtn_down.png); 
} 
.s7interactivevideoviewer .s7fullscreenbutton [selected='true'][state='disabled'] {  
background-image:url(images/exitFullBtn_disabled.png); } 
}

このページ