インタラクティブデータのサポート

インタラクティブビデオビューアは、設定パラメータとしてビューアに渡されるインタラクティブデータに基づいて、インタラクティブスウォッチのレンダリングをサポートします。

現在表示されているスウォッチは、関連付けられているビデオ時間領域に対応します。 インタラクティブスウォッチをクリックまたはタップすると、作成時にそのスウォッチに割り当てられたアクションがトリガーされます。

インタラクティブスウォッチは、JavaScriptコールバックをトリガーしてホストするWebページ上のクイックビューをアクティブにするか、ユーザーを外部Webページにリダイレクトすることができます。

クイックビューについて

これらのタイプのインタラクティブスウォッチは、AEM Assetsのアクションタイプ「quickview」(オンデマンド)を使用して作成する必要があります。 ユーザがこのようなスウォッチをアクティブにすると、ビューアは quickViewActivate JavaScriptコールバックを実行し、スウォッチデータを渡します。 埋め込みのWebページはこのコールバックをリッスンし、トリガーされると、ページは独自のクイックビュー実装を開きます。

外部Webページにリダイレクトする

AEM Assetsのアクションタイプ「quickview」用に作成されたスウォッチ — オンデマンドで、ユーザーを外部URLにリダイレクトします。 URLは、オーサリング時の設定に応じて、新しいブラウザータブ、同じウィンドウ、または指定したブラウザーウィンドウで開くことができます。

このページ