支援テクノロジーのサポート

すべてのビューアコンポーネントは、ARIA(Accessible Rich Internet Applications)の役割と属性をサポートしており、スクリーンリーダーなどの支援テクノロジーとの統合を強化します。

最上位レベルのビューア要素には、初期設定でビューア名に設定されているロールregionaria-labelの属性があります。 ラベルはローカライゼーション記号Container.LABELで制御できます。

ボタンには、buttonという役割と、aria-label属性を持つ説明テキストが設定されています。 aria-label属性の値は、ボタンのローカライゼーション記号の値から設定されます。 ボタンが無効になると、aria-disabled属性がそれに応じて設定されます。

スライダコンポーネントには、現在のスライダ位置を示すaria-valuenowaria-valueminaria-valuemaxという属性を持つロールsliderがあります。

サムネールには、ThumbnailGridView.LABELローカライゼーション記号で制御されるaria-label属性を持つdialogロールがあります。 個々のサムネールにはbuttonの役割があります。 サムネールが選択されると、aria-selected属性がtrueに設定されます。

スウォッチを表示するコンポーネントには、listboxの役割(aria-label属性が、そのコンポーネントのLABELローカライゼーションシンボルの値に設定されています)が割り当てられます。 個々のスウォッチには、セット内のスウォッチの位置を示す役割optionaria-setsize属性とaria-posinset属性があります。 スウォッチを選択すると、aria-selected属性がtrueに設定されます。

ドロップダウンリストは、追加のaria-haspopup属性がtrueおよびaria-controls属性に設定されたボタンによってアクティブになり、実際のドロップダウンパネル要素を参照します。 ドロップダウンパネル自体には、役割menuがあり、役割menuitemを持つサブ要素があります。 各メニュー項目にはaria-label属性が指定されています。

モーダルダイアログボックスにはdialogの役割があります。 ダイアログボックスのヘッダー要素はaria-labelledby属性で参照されています。

このページ