解析トラッキングのサポート

カスタムトラッキング

初期設定では、ビューアは、ビューアタイプとバージョン情報を含む設定済みのImage Serverに、1つの追跡HTTP要求を送信します。

サードパーティの分析システムと統合するには、trackEventビューアコールバックをリッスンし、必要に応じてコールバック関数のeventInfo引数を処理する必要があります。 次のコードは、このようなハンドラー関数の例です。

var interactiveImage = new s7viewers.InteractiveImage({ 
 "containerId":"s7viewer", 
 "params":{ 
  "asset":"/content/dam/mac/aodmarketingna/shoppable-banner/shoppable-banner.jpg", 
  "serverurl":"http://aodmarketingna.assetsadobe.com/is/image" 
}, 
"handlers":{ 
 "trackEvent":function(objID, compClass, instName, timeStamp, eventInfo) { 
  //identify event type 
  var eventType = eventInfo.split(",")[0]; 
  switch (eventType) { 
   case "LOAD": 
    //custom event processing code 
    break; 
   //additional cases for other events 
} 
} 
} 
});

ビューアは、以下のSDKユーザーイベントを追跡します。

SDKのユーザーイベント

送信日時

LOAD

ビューアが最初に読み込まれたとき。

HREF

ユーザーがホットスポットをアクティブにします。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now