ユーザーインターフェイス要素のローカライゼーション

インタラクティブ画像ビューアに表示されるコンテンツには、ローカリゼーションの対象となるものもあります。 これには、ユーザインターフェイス要素のツールチップや、読み込み時にフライアウトズームビューで表示される情報メッセージが含まれます。

ビューア内のテキスト内容がローカライズ可能な場合は、それぞれSYMBOLと呼ばれる特別なビューアSDK識別子で表されます。 シンボルには、標準提供のビューアに付属する英語ロケール("en")のデフォルトの関連テキスト値があり、必要な数のロケールに対してユーザ定義の値を設定することもできます。

ビューアが起動すると、現在のロケールがチェックされ、そのロケールでサポートされている各シンボルに対してユーザ定義の値があるかどうかが確認されます。 ある場合は、ユーザー定義の値が使用されます。それ以外の場合は、標準のデフォルトテキストに戻ります。

ユーザー定義のローカライゼーションデータは、ローカライゼーションJSONオブジェクトとしてビューアに渡すことができます。 このようなオブジェクトには、サポートされているロケールのリスト、各ロケールのシンボルテキスト値、およびデフォルトのロケールが含まれます。

このようなローカリゼーションオブジェクトの例を次に示します。

{ 
"en":{ 
"Container.LABEL":"Interactive Image Viewer" 
 }, 
 "fr":{ 
"Container.LABEL":"Visionneuse d'images interactive" 
}, 
defaultLocale:"en" 
}

上の例では、ローカリゼーションオブジェクトは2つのロケール( "en""fr" )を定義し、各ロケールの2つのユーザーインターフェイス要素にローカライゼーションを提供します。

Webページコードでは、設定オブジェクトのlocalizedTextsフィールドの値として、ローカリゼーションオブジェクトをビューアのコンストラクターに渡す必要があります。 別のオプションとして、 setLocalizedTexts(localizationInfo)メソッドを呼び出してローカライゼーションオブジェクトを渡す方法があります。

次のシンボルがサポートされています。

シンボル

ツールチップ

Container.LABEL

トップレベルビューア要素のARIAラベル

ZoomView.ROLE_DESCRIPTION

メインビューコンポーネントのARIAロールの説明。

ZoomView.USAGE_HINT

ARIAキーボードユーザー用の使用ヒント

このページ