イベントコールバック

ビューアでは、Webページでビューアの初期化プロセスや実行時の動作の追跡に使用されるJavaScriptイベントコールバックがサポートされています。

コールバックハンドラーは、イベント名とhandlersプロパティを持つ対応するハンドラー関数を、ビューアのコンストラクター内のconfig JSONオブジェクトに渡すことで割り当てられます。 または、setHandlers() APIメソッドを使用できます。

サポートされるビューアイベントは次のとおりです。

ビューアイベント

説明

initComplete

ビューアの初期化が完了し、すべての内部コンポーネントが作成されたときのトリガー。これにより、 getComponent() APIを使用できます。 このコールバックハンドラーは引数を取りません。

trackEvent

Adobe Analyticsなどのイベントトラッキングシステムで処理できるイベントがビューア内で発生するたびにトリガーが発生します。 このコールバックハンドラーは次の引数を受け付けます。

  • objID {String} — 現在は使用されていません。

  • compClass {String} — 現在は使用されていません。

  • instName {String} -イベントをトリガーしたビューアSDKコンポーネントのインスタンス名。

  • timeStamp {Number} -イベントのタイムスタンプ。

  • eventInfo {String} -イベントペイロード。

quickViewActivate

トリガーは、クイック表示データが関連付けられたホットスポットをアクティブにしたときに表示されます。 このコールバックハンドラーは次の引数を取ります。

  • data {Object} — ホットスポット定義のデータを含むJSONオブジェクト。 sku フィールドは必須ですが、他のフィールドはオプションで、ソースのホットスポット定義によって異なります。

InteractiveImageおよびsetHandlersも参照してください。

このページ