イベントコールバック

ビューアでは、Webページでビューアの初期化プロセスや実行時の動作の追跡に使用されるJavaScriptイベントコールバックがサポートされています。

コールバックハンドラーを割り当てるには、イベント名とhandlersプロパティを持つ対応するハンドラー関数を、ビューアのコンストラクター内のconfig JSONオブジェクトに渡します。 または、setHandlers() APIメソッドを使用することもできます。

サポートされるビューアイベントは次のとおりです。

ビューアイベント

説明

initComplete

ビューアの初期化が完了し、すべての内部コンポーネントが作成されたときにトリガーが発生し、 getComponent() APIを使用できます。 コールバックハンドラーは引数を取りません。

trackEvent

トリガーは、Adobe Analyticsなどのイベントトラッキングシステムで処理できるビューア内でイベントが発生するたびに発生します。 コールバックハンドラーは次の引数を受け取ります。

  • objID {String} — 現 在は使用されていません。

  • compClass {String} — 現 在は使用されていません。

  • instName {String} — イ ベントをトリガーしたビューアSDKコンポーネントのインスタンス名。

  • timeStamp {Number} — イベ ントのタイムスタンプ。

  • eventInfo {String} — イベ ントペイロード。

quickViewActivate

トリガー:ホットスポットをアクティブにしたときに、クイックビューのデータが関連付けられています。 コールバックハンドラーは次の引数を取ります。

  • data {Object} — ホ ットスポット定義のデータを含むJSONオブジェクト。 sku フィールドは必須ですが、他のフィールドはオプションで、ソースホットスポット定義によって異なります。

InteractiveImageおよびsetHandlersも参照してください。

このページ