SetIndicator.autohide

[SetIndicator.|<containerId>_setIndicator.]autohide=0|1[, *制限*]

0|1[, limit]

ページ数と実行時のコンポーネントサイズに応じた自動非表示の動作を設定します。

0 に設定すると、自動非表示がオフになります。

1 は自動非表示を有効にします。次の条件の少なくとも1つがtrueになった場合、コンポーネントのドットは非表示になります。

  • ドットのある行が実行時のコンポーネントの幅よりも広くなる。
  • このコンポーネントに設定されたページ数が、 limitパラメーターで設定された制限を超えています。

limit -1 に設定すると、2番目の自動非表示条件が無効になります。

プロパティ

(オプション)

初期設定

1,10

autohide=0

このページ