Adobe Analytics追跡のサポート

最終更新日: 2022-03-09
  • 作成対象:
  • Developer
    User

カスタムトラッキング

デフォルトでは、ビューアは、ビューアのタイプとバージョン情報を含む、設定済みの Image Server に対して 1 つのトラッキング HTTP 要求を送信します。

をサードパーティの分析システムと統合するには、 trackEvent viewer コールバックとプロセス eventInfo 必要に応じて、コールバック関数の引数です。 次のコードは、このようなハンドラー関数の例です。

var carouselViewer = new s7viewers.CarouselViewer({
 "containerId":"s7viewer",
"params":{
 "asset":"/content/dam/dm-public-facing-live-demo-page/04_shoppable_carousel/05_shoppable_banner",
 "serverurl":"https://adobedemo62-h.assetsadobe.com/is/image"
},
"handlers":{
 "trackEvent":function(objID, compClass, instName, timeStamp, eventInfo) {
  //identify event type
  var eventType = eventInfo.split(",")[0];
  switch (eventType) {
   case "LOAD":
    //custom event processing code
    break;
   //additional cases for other events
}
}
}
});

ビューアは、次の SDK ユーザーイベントを追跡します。

SDK ユーザーイベント

次の場合に送信…

LOAD

ビューアが最初に読み込まれます。

バナー

カルーセルバナーの画像が変更されます。

HREF

ユーザーはホットスポットをアクティブにします。

このページ