setAsset

ビデオビューアのJavaScript APIリファレンス。

setAsset( *asset*)

asset

{ String }新しいアセットID、明示的な画像セット、またはフレーム固有の画像サービング修飾子を含む明示的な画像セット。オプションとして「?」の後にグローバルの画像サービング修飾子を付加できます。

IR(画像レンダリング)またはUGC(ユーザ生成コンテンツ)を使用する画像は、このビューアではサポートされていません。

新しいアセットを設定します。 このパラメーターは、init()の前後いつでも呼び出すことができます。 init()の後に呼び出した場合、ビューアは実行時にアセットを入れ替えます。

initも参照してください。

を返す

なし

1つの画像参照:

 <instance>.setAsset("Scene7SharedAssets/Backpack_B")

カタログに定義されている画像セットへの1つの参照:

 <instance>.setAsset("Scene7SharedAssets/ImageSet-Views-Sample")

明示的な画像セット:

<instance>.setAsset("Scene7SharedAssets/Backpack_B,Scene7SharedAssets/Backpack_C")

フレーム固有の画像サービング修飾子を含む明示的な画像セット:

 <instance>.setAsset("(Scene7SharedAssets/Backpack_B?op_colorize=255%2C0%2C0,Scene7SharedAssets/Backpack_B?op_colorize=0x00ff00)")

セット内のすべての画像にシャープ修飾子を追加:

 <instance>.setAsset("Scene7SharedAssets/ImageSet-Views-Sample?op_sharpen=1")

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now