Viewer SDK の名前空間

このビューアは、多くの Viewer SDK コンポーネントで構築されています。 通常、Web ページは、SDK コンポーネント API を直接操作する必要はありません。一般的なニーズはすべて、ビューア API 自体でカバーされています。

ただし、一部の高度な使用例では、 getComponent() ビューア API を使用し、SDK 自体の柔軟な API をすべて使用できます。

ビューアが SDK コンポーネントの読み込みと初期化に使用する名前空間は、ビューアの動作環境によって異なります。 ビューアがAdobe Experience Managerで動作している場合、ビューアは、SDK コンポーネントを s7viewers.s7sdk 名前空間。 同様に、Dynamic Media Classicから提供されたビューアが SDK をに読み込みます。 s7classic.s7sdk.

どちらの場合も、ビューア内の SDK で使用される名前空間には、次のいずれかが含まれます s7viewers または s7classic というプレフィックスが付きます。 そして平原とは違う s7sdk SDK ユーザーガイドまたは SDK API ドキュメントで使用される名前空間です。 そのため、内部のビューアコンポーネントと通信するカスタムアプリケーションコードを記述する際には、完全修飾 SDK 名前空間を使用することが重要です。

例えば、 StatusEvent.NOTF_VIEW_READY イベントとビューアがExperience Managerから提供される場合、イベントの完全修飾タイプは s7viewers.s7sdk.event.StatusEvent.NOTF_VIEW_READYを呼び出し、イベントリスナーコードは次のようになります。

<instance>.setHandlers({
 "initComplete":function() {
  var zoomView = <instance>.getComponent("zoomView");
   zoomView.addEventListener(s7viewers.s7sdk.event.StatusEvent.NOTF_VIEW_READY, function(e) {
   console.log("view ready");
  }, false);
}
});
The same code for viewer served from Dynamic Media Classic will look like this:
<instance>.setHandlers({
 "initComplete":function() {
  var zoomView = <instance>.getComponent("zoomView");
   zoomView.addEventListener(s7classic.s7sdk.event.StatusEvent.NOTF_VIEW_READY, function(e) {
   console.log("view ready");
  }, false);
}
});

このページ