caption

ビデオビューアのURLコマンド。

caption= *ファイル*[,0|1]

Viewerは、ホストされているWebVTTファイルを使用したクローズドキャプションをサポートします。 キューと領域の重なりはサポートされていません。 次のキュー位置演算子がサポートされています。

キー

名前

説明

A

テキストの整列

left|right|middle|start|end

テキストの整列を制御します。

初期設定は middleです

T

テキスト位置

0%-100%

キャプションテキストの先頭に対するVideoPlayerコンポーネントへのインセットの割合。

初期設定は0%です。

S

行サイズ

0%-100%

キャプションに使用するビデオの幅の割合。

初期設定は100%です。

L

行位置

0%-100%|整数

ページ上の行の位置を指定します。

整数(パーセント記号なし)で表した場合は、テキストが表示される上端からの行数です。

パーセント値(最後の文字がパーセント記号)の場合、キャプションテキストは表示領域からその割合だけ下に表示されます。

初期設定は100%です。

WebVTTファイルに存在するその他のWebVTT機能はサポートされていませんが、キャプションが妨げられることはありません。

ファイル

WebVTTキャプションコンテンツのURLまたはパスを指定します。 ImageServingでWebVTTファイルを提供します。

0 | 1

デフォルトのキャプション状態を指定します(有効な場合は1 )。

プロパティ

(オプション)

初期設定

なし

caption=Scene7SharedAssets/adobe_qbc_final_cc,1

このページ