スピンビューのアイコンエフェクト

スピンインジケーターは、スピンビュー領域に重ねて表示されます。 画像がリセット状態の場合に表示され、 iconeffectパラメーターの設定にも依存します。

メインビューア領域のCSSプロパティ

表示領域の外観は、以下のCSSクラスセレクターを使用して制御します。

.s7mixedmediaviewer .s7spinview .s7iconeffect

CSSプロパティ

説明

background-image

スピンインジケーターのアートワーク

background-position

CSSスプライトを使用する場合の、アートワークスプライト内の位置。

CSSスプライトを参照してください。

width

スピンインジケーターの幅。

height

スピンインジケーターの高さ

スピンインジケーターでは、state属性セレクターがサポートされます。このセレクターは、1次元スピンセットの場合はspin_1Dに、複数次元スピンセットの場合はspin_2Dに設定されます。

例 — 100 x 100ピクセルのズームインジケーターを設定するには、次のように記述します。

.s7mixedmediaviewer .s7spinview .s7iconeffect { 
 width: 100px; 
 height: 100px; 
} 
.s7mixedmediaviewer .s7spinview .s7iconeffect[state="spin_1D"] { 
background-image: url(images/spinIcon_1D.png); 
} 
.s7mixedmediaviewer .s7spinview .s7iconeffect[state="spin_2D"] { 
background-image: url(images/spinIcon_2D.png); 
}

このページ