ビューアSDK名前空間

ビューアは、多数のビューアSDKコンポーネントで構築されています。 ほとんどの場合、Webページは、SDKコンポーネントAPIと直接やり取りする必要はありません。一般的なニーズはすべて、ビューアのAPI自体で扱われています。

ただし、高度な使用例によっては、WebページがgetComponent()ビューアAPIを使用して内部SDKコンポーネントへの参照を取得し、SDK自体のAPIを柔軟に使用する必要があります。

ビューアでSDKコンポーネントの読み込みと初期化に使用される名前空間は、ビューアが動作している環境によって異なります。 ビューアがAEM(Adobe Experience Manager)で実行されている場合、ビューアはSDKコンポーネントをs7viewers.s7sdk名前空間に読み込みます。 同様に、Dynamic Mediaクラシックから提供されるビューアは、SDKをs7classic.s7sdkに読み込みます。

どちらの場合も、ビューア内のSDKが使用する名前空間のプレフィックスはs7viewersまたはs7classicです。 また、SDKユーザーガイドまたはSDK APIドキュメントで使用されている通常のs7sdk名前空間とは異なります。 そのため、内部ビューアコンポーネントと通信するカスタムアプリケーションコードを作成する場合は、完全修飾されたSDK名前空間を使用することが重要です。

例えば、StatusEvent.NOTF_VIEW_READYイベントをリッスンする予定で、ビューアがAEMから供給される場合、完全修飾イベントタイプはs7viewers.s7sdk.event.StatusEvent.NOTF_VIEW_READYで、イベントリスナーコードは次のようになります。

<instance>.setHandlers({ 
 "initComplete":function() { 
  var zoomView = <instance>.getComponent("zoomView"); 
   zoomView.addEventListener(s7viewers.s7sdk.event.StatusEvent.NOTF_VIEW_READY, function(e) { 
   console.log("view ready"); 
  }, false); 
} 
}); 
The same code for the viewer served from Dynamic Media Classic looks like the following: 
<instance>.setHandlers({ 
 "initComplete":function() { 
  var zoomView = <instance>.getComponent("zoomView"); 
   zoomView.addEventListener(s7classic.s7sdk.event.StatusEvent.NOTF_VIEW_READY, function(e) { 
   console.log("view ready"); 
  }, false); 
} 
});

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now