setAsset

インラインズームビューアのJavaScript APIリファレンス。

setAsset( *asset*)

アセット

{ String}新しいアセットID、明示的な画像セット、またはフレーム固有の画像サービング修飾子を含む明示的な画像セット。オプションで、 ?の後にグローバルな画像サービング修飾子を追加します。

IR(画像レンダリング)またはUGC(ユーザー生成コンテンツ)を使用する画像は、このビューアではサポートされていません。

新しいアセットを設定します。 このパラメーターは、init()の前後にいつでも呼び出すことができます。 init()の後に呼び出した場合、ビューアは実行時にアセットを入れ替えます。

initも参照してください。

戻り値

なし

単一の画像参照:

<instance>.setAsset("Scene7SharedAssets/Backpack_B")

カタログに定義されている画像セットへの1つの参照:

<instance>.setAsset("Scene7SharedAssets/ImageSet-Views-Sample")

明示的な画像セット:

<instance>.setAsset("Scene7SharedAssets/Backpack_B,Scene7SharedAssets/Backpack_C")

フレーム固有の画像サービング修飾子を含む明示的な画像セット:

<instance>.setAsset("(Scene7SharedAssets/Backpack_B?op_colorize=255%2C0%2C0,Scene7SharedAssets/Backpack_B?op_colorize=0x00ff00)")

セット内のすべての画像にシャープ修飾子を追加:

<instance>.setAsset("Scene7SharedAssets/Backpack_B,Scene7SharedAssets/Backpack_C?op_sharpen=1")

このページ