処分する

インラインズームビューアの JavaScript API リファレンス。

dispose()

ビューアのロジックで使用されるすべてのリソースを解放し、実行時にビューアで作成された内側のオブジェクトとコンポーネントをすべて削除して、このビューアインスタンスを破棄します。

また、Web ページコードでビューアのインスタンス変数を削除して、Web ブラウザーのメモリからビューアを完全に削除する必要があります。

Web ページコードがビューアで使用される Viewer SDK コンポーネントに直接イベントリスナーを登録している場合、またはそのようなコンポーネントへの外部参照を保存している場合は、Web ページコードによって明示的に登録解除する必要があります。 また、呼び出しの前に、このような外部コンポーネント参照を削除する必要があります dispose().

の後で Viewer API にアクセスしない dispose() が呼び出されます。

パラメータ

なし

戻り値

なし

<instance>.dispose()

このページ